1年待ちの抹茶テリーヌ シェ・アガタが『嵐にしやがれ』で紹介か(京都・宇治市)

Sponsored Link

京都・宇治市に超有名洋菓子「1年待ちの抹茶テリーヌ」とも言われる「挽きたて抹茶の贅沢テリーヌ」を12年前から販売している「シェ・アガタ」さんというお店があるのですが、7/9放送『嵐にしやがれ』で紹介されるかもしれません。

なお「1年待ちの抹茶テリーヌ」と言いますが通販の話で、お店にあれば直接購入可能です。

1年待ちの抹茶テリーヌ


宇治の茶畑

7/9放送『嵐にしやがれ』で、1年待ちの抹茶テリーヌが紹介されるそうですが、これは以前も紹介したことのある京都・宇治市の洋菓子店「シェ・アガタ」さんのことだと思われます。(上の写真は宇治の茶畑です)

1年待ちの抹茶テリーヌは「挽きたて抹茶の贅沢テリーヌ」という商品で、京都の宇治抹茶を贅沢に使った濃厚テリーヌのことです。

地元の宇治抹茶をなんと自家農園で昔ながらの製法で作っているという驚きのお菓子で、宇治抹茶とホワイトチョコのお菓子です。味わいは生チョコに近いお菓子ですね。

京都の「シェ・アガタ」は超有名店


京都・宇治の「シェ・アガタ」

京都・宇治の「シェ・アガタ」

2015年6月に一度紹介しているのですが(以前の記事はこちらです)、その頃から最近人気が出ていると書いていたお店です。

宇治でもおいしいと評判の隠れた洋菓子店でしたが、テレビでは『行列のできる法律相談所』や『ウラマヨ!』などで紹介されるようになり、ヒット商品の「挽きたて抹茶の贅沢テリーヌ」は注文してから入手まで、ものすごく時間がかかります。

商品自体は12年前から販売されているのですが、テレビの影響というのはすごいものです。

価格は4205円(税込み)で、ハーフサイズは2334円(税込み)となっています。

ただ、前述のように発送が今注文したとしても「2016年9月~2017年5月末」とかなり先がお届け予定日となっています。

紛らわしい近隣店「シェ・タカタ」

紛らわしい近隣店「シェ・タカタ」

実は、すぐ近くに「シェ・タカタ」という似た名前のケーキ店があって、道からはこちらの方が目立ちます。

こちらもロールケーキなどを扱うお店で、地元の方の車がひっきりなしに来訪しており、こちらの方が繁盛している感じがします。

京都府宇治市莵道谷下り−44−11
営業時間:10時~19時
定休日:月曜・火曜(夏期休業あり)※火曜は祝日なら営業
URL:http://www.kyoto-sweet.jp/


1日30個限定の世界最高級ヨーグルト「クレマドール」というネット専売商品が2014年末頃から超話題となっています。この商品、毎日1日限定で12時に発売されるのですが、速攻で売り切れるということでも話題なのですが、驚くのは1瓶5000円という高級さです。スプーン1杯だと300円にもなります。



7/9放送『嵐にしやがれ』で「日本一純度の高いわらび粉を使ったわらび餅」が紹介されるそうです。知る限りではそんなもの京都の「茶寮 宝泉」さんの黒いわらび餅しか思い当たりません。実際何が紹介されるのか当日の番組を楽しみにしたいと思いますが「茶寮 宝泉」さんだと思います。


実は店舗で買える


実はヒット商品の「挽きたて抹茶の贅沢テリーヌ」は通販で1年待ちですが、「夏のテリーヌ」という諸品もあって、これも抹茶のテリーヌです。

これは店舗でも購入可能です。ただ、季節限定商品で6月~9月が販売期間となっています。これは通販でもすぐに購入できます。

で、入手困難の「挽きたて抹茶の贅沢テリーヌ」ですが、実はお店でも販売されています。

要するに、お店まで行って売り切れてなければ買えるという話なのです。

近くだったらお店まで行くと良いのですが、人気店なのでそこらへんは覚悟の上で行く必要がありそうです。

Sponsored Link


抹茶スイーツ【送料無料】京のテリーヌ 利休(宇治抹茶) 1個 京都・フリアン


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。