ビッグボーイ 金閣寺店が閉店@京都 6月12日

Sponsored Link

ビッグボーイ 金閣寺店」(BigBoy)が、2016年6月12日24時をもって閉店するので食べてきました(実食レビュー)。

併設店の「ジョリーパスタ金閣寺店」も同日で営業終了となります。

ビッグボーイ 金閣寺店@京都が6月12日で閉店


ビッグボーイ 金閣寺店

「ビッグボーイ 金閣寺店」が、2016年6月12日24時をもって閉店することになりました。

つまり、併設店の「ジョリーパスタ金閣寺店」も同日で営業終了となります。

ジョリーパスタ金閣寺店

ビッグボーイ 金閣寺店」は、表向きはパスタ専門店「ジョリーパスタ金閣寺店」が目立っているのですが、2店舗が併設されたお店で、階段あがってまっすぐ奥が「ビッグボーイ 金閣寺店」になっています。

京都府京都市北区衣笠天神森町1
営業時間:11時~26時(最終日は24時まで)
定休日:
URL:http://www.hamazushi.com/hamazushi/

ビッグボーイ 金閣寺店 最終日に食べに行ってみた(実食レビュー)


ビッグボーイ 金閣寺店 最終日 外観

ということで、営業最終日の6/12に「ビッグボーイ 金閣寺店」で食事をしてきました。

表からは「パスタ専門店 ジョリーパスタ」という看板が目立ちますが、「ビッグボーイ 金閣寺店」が奥にある併設店です。

ビッグボーイ 金閣寺店とジョリーパスタ金閣寺店 案内板

ビッグボーイ 金閣寺店閉店告知

閉店告知には本日で最終営業であることが告知されています。近くには「宇多野店」もありますが、京都には数は多くなく、四条店が壬生にあるくらいです。

ビッグボーイ メニュー1

ビッグボーイ メニュー2

ビッグボーイというと、1000円台で大俵ハンバーグが食べられて、2000円台でステーキが食べられるというイメージのお店です。

それにサラダバイキングをつけて、ライスとスープとサラダが食べ放題になるというお店です。

大俵ハンバーグ

今回は「大俵ハンバーグ」のステーキセットを注文しました。

サラダバイキングをつけて、税込みで1850円とかでした。

大俵ハンバーグの中はレア

粗挽き牛肉100%で肉の香りがするハンバーグです。

牛なのでそのままでも大丈夫ですが、中はレアになっているので、よく焼いたものが良ければ、付属の簡易コンロで追い焼きすることができます。

大俵ハンバーグの追い焼き

さほどジューシーでもないのですが、脂が出てくるハンバーグで、ひさしぶりに牛肉100%のハンバーグを食べて感動しました。

サラダバー

ライスとカレー

サラダバイキングのセットなので、サラダバーで野菜を食べることもできます。

あとは、ライスにカレーやコーンスープなども食べ放題となっています。

ステーキ

ステーキはハンバーグのセットなので普通でした。

ライスなど大盛りにできるので、お腹いっぱいにはなりますね。

ビッグボーイ 金閣寺店 店内

日曜ということもありますが、店内は4割ほど埋まっていました。

決してお安いわけではないのですが、西大路通りの一番飲食店の多い場所で、観光客が食事をしにここまで金閣寺から歩いてくる場所です。

外には外国人観光客もたくさんいらっしゃってますし、それなりにお客さんは入っていました。

ビッグボーイ 金閣寺店 閉店情報まとめ


ビッグボーイ 金閣寺店 閉店情報まとめ

ということで、ビッグボーイ 金閣寺店は、2016年6月12日(日)をもって閉店となります。

併設のジョリーパスタ金閣寺店も同じく閉店となり、7月から工事が行われます。

跡地には・・・・同じ系列の「はま寿司」がオープンする予定です。

跡地にできる「はま寿司 金閣寺店」については、こちらで詳しくレポートします。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。