らくがき寺「単伝庵」@京都 壁一面落書きで埋め尽くされた寺 月曜から夜ふかし

Sponsored Link

単伝庵(たんでんあん)という京都府八幡市のお寺さんが、6/6放送『月曜から夜ふかし』で紹介されます。公式にも「らくがき寺」と異名があり、白い壁に願い事を書いて大願成就を願う奉納のことです。もちろん、くだらない落書きなどは論外です。

では、単伝庵(たんでんあん)さんはどこにあって、どのようなお寺さんなのでしょうか?

月曜から夜ふかし


単伝庵(らくがき寺)という京都府八幡市のお寺さんが、6/6放送『月曜から夜ふかし』で紹介されます。

企画は「GWに一風変わった観光地に行ってみた件」という内容で、その中のひとつで「単伝庵」さんが紹介されることになります。

こちらは、白い壁一面に願い事を書くお寺さんで、それを「落書き」と見立てて「らくがき寺」と呼ばれているのです。

らくがき寺 壁一面落書きで埋め尽くされた「単伝庵」

単伝庵(たんでんあん)さんは、妙心寺派のお寺です。

ちなみに、これは「落書き」ではなく「白壁に願い事を記載」するという奉納のひとつです。

大黒堂の白い壁面に願い事を書くのですが(300円)、このことから「らくがき寺」という異名があって、お寺さんが公式に「らくがき寺」と名乗っています(笑)

ただ、某○○ニュースのように「京都には落書きOKな寺があるよ」とか紹介すると誤解されるかもしれませんね。

こちらでは、毎年白く塗り替えられるので、前に書かれたものは消されるのですが、明らかに願い事ではなく落書きのものもかつて存在していました。

京都府八幡市八幡吉野垣内33
拝観料:100円
公開日:土日と正月の9時~15時


こちらの記事もオススメです!

最新の「京都秘境ハンター」は京都で唯一の村(南山城村)の童仙房区にある「謎のカラフルなお寺」です。そのお寺は今では誰も訪れない場所(閉鎖)になってしまっており、行くことも困難であると言います。その誰も行かない超カラフルな京都のお寺とは?どこにあって、どのようなものなのでしょうか?


他にもたくさん『月曜から夜ふかし』関連記事があります。

Sponsored Link


【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】(lf)

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。