二条城 設計建築ミス 初耳学 11/8 京都

Sponsored Link

11/8放送『林先生が驚く初耳学』で「二条城に家康の痛恨建築ミス」というネタが登場するとありました。「二条城の設計ミス?」は聞いたことがありません。しかし、有名な話がひとつあります。それは「二条城は傾いている」という京都のミステリーです。

二条城が傾いているのは、方位磁石の北が本当の北ではないことに原因があると現在言われています。

初耳学 11/8


二条城に家康の痛恨建築ミス」と11/8放送『林先生が驚く初耳学』の予告に書かれています。

徳川家康の治世とのことなので、現在ある京都・二条城のことですが(歴史上複数ある)、これに設計ミスというのは、どういうことなのでしょうか?

二条城


2015-11-07_173545

現存する二条城は、慶長8年(1603年)に落成したもので、東側半分の「二の丸御殿」が徳川家康の命令によって構築されたものです。

西側半分は徳川家光が「寛永の大改修」で増築(拡張)したものです。

地図を見ると、左側が少し南北に狭いのですが、そこが拡張部分です。

で、この地図を見て、なにか気がつきませんでしょうか?

よーく見ていただきたいのですが、二条城って右に少し傾いていますよね?

3度傾く二条城

私は通勤で毎日この堀川通を通っていたのですが、この通りって南に行くほど道が広くなっているという違和感のある道なのです。

道といっても、二条城の駐車場になっているのですが、地図を拡大して見ると、堀川通の下の地下鉄「二条城前駅」のところでずいぶんと広がっているのがわかります。

これが、『初耳学』で言うところの設計ミスの話でしょうか?

3度傾く江戸時代初期の建築物


しかし、これは二条城だけではありません。

二条城の北側にある一角(松屋町)も、そこだけ南北の道が傾いています。

また、二条城の西側にある一角(主税町)、そこだけ東西の道が傾いています。

さらに、この傾きは江戸時代初期の建造物に見られる事象です。

実は、京都の南禅寺三門(山門)も5度傾いています。

よく見てください。

南禅寺って、全体的に右に傾いていますよね。

なぜ傾いているのか?


二条城や南禅寺が傾いている理由について、天下の「国土地理院地理地殻活動研究センター」様が、詳細な解説をしています。

それによると・・・・

京都は平安京の時代につくられた際には「北極星」を使った
北極星は「真北」(しんぽく)であり、正確な北
江戸時代初期に「方位磁石」が伝来
「方位磁石」の示す北は「磁北」(じほく)と呼ばれる
「磁北」は正確な北ではない
「真北」と「磁北」の差を「偏角」(へんかく)という
江戸時代に「偏角」は東に3度傾いていた
2014年には「偏角」は西に7度傾いている

分かりづらいと思うので、以下の図を参照してください。

要するに、方位磁石の北は本当の北ではないのです。

二条城が出来た慶長8年(1603年)は、「磁北線」ちょうど東に3度傾いていたことが原因であると書いています。

南禅寺も5度傾いているのは、南禅寺が建築された1628年には東に5度傾いていたことが原因です。

建築時期とその時の「磁北線」の傾き(偏角)と建築物の傾きがだいたい一致するという話です。

実際の放送では


実際の放送では、どんな話で「二条城の設計ミス」が紹介されるのかは不明ですが、大変興味深い放送回になりそうですね。

追記:上で解説した「3度傾いている」というネタで放送されました。初耳というほどの話ではなく、知られている話ではありますが。

今夜は“西島秀俊vs林修”!!そして、さかなクンも出題! ●どんなに完全犯罪だとしても…1つの行動で犯人が絶対捕まる時代が来る!?“犯罪捜査”に関する知識で西島秀俊が勝負を挑む! ●一年でたった2週間しか見ることが出来ない「絶景」! ●天敵!さかなクン…「ロブスター」の生態って? ●梅沢富美男…歴史的建造物に隠された衝撃の事実 はたして“初耳学”に認定されるのは!?

他にも「初耳学」関連記事があります。

地元民だけど京都行ってみた京都案内「京都行ってみた」はこちらです。

Sponsored Link


京都検定問題と解説 第11回―1級・2級・3級全263問

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。