猛毒カエンタケ 京都市 吉田神社で見つかる

Sponsored Link

カエンタケ(猛毒)が9/30から立て続けに京都市の吉田神社境内で発見されています。カエンタケは触るだけで皮膚がただれるという猛毒性のキノコです。見つけたら絶対に触らない・食べないようにしてください。

カエンタケが見つかったのは9/30・10/7・10/8と結構な頻度で見つかっています。

猛毒カエンタケ 京都市 吉田神社で見つかる


2015-10-08_184542

9/30・10/7・10/8と立て続けに猛毒カエンタケ京都市内で見つかっています。

触っただけで皮膚がただれるキノコで見つけたら触らないで市に通報するなどする必要があります。食べると神経に作用し逝けるほどの猛毒性があります。

見つかったのは「吉田神社」の参道ということですが、正確には「吉田神社斎場所大元宮」に向かう方の道で「吉田山公園」と住宅街の間にあるけもの道っぽいところです。

吉田神社というと宮司が酔っぱらってる神社我々の偉大な師匠(本当)のいる有名な神社ですが、ここの切り株で猛毒のカエンタケが発見されたのが9/30です。発見者はミュージシャン末松よしみつさん(61)です。こっちが気になるんですが?

駆除は市が行っていますが、10/7に再度見つかって、10/8にMBS毎日放送取材班がまた見つけています。

地元民だけど京都行ってみた京都案内「京都行ってみた」はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。