司 意味 初耳学 9/27 京都 菓子司 屋号

Sponsored Link

(つかさ)は屋号の前に付いている「菓子司」や「御用司」といった言葉のことです。京都ではよく見かける言葉で、9/27放送の『林先生が驚く初耳学!』で、この謎を扱うそうです。

しかし、予告では「司と付く菓子司にしか許されていないこととは?」とありました。これはかなり意味不明な疑問ではあります。

初耳学 9/27


『林先生が驚く初耳学!』の9/27回は2時間SPです。その中で京都など(特に地方)に残る「○○司」と屋号につく言葉の不思議を扱うそうです。

予告では司と付く菓子司にしか許されていないことは? とありました。

」(つかさ)は屋号の前に付いている「菓子司」や「御用司」といった言葉のことです。

しかし、我々にはこの予告の意味するところがわかりませんでした。

なぜなら、人形司や菓子司などのように「司」(つかさ)と付くのは、専門職ですよの意味合いでしか使わないからです。

京都でよく見る司

京都を歩いていると、東京ではあまり見ない「○○司」と看板に書かれているところが比較的多いように思います。

人形司(京人形司)
菓子司(京菓子司)
御菓子司(京御菓子司)
櫛司(くしつかさ)
彫刻司

京都には創業540年という「御用蕎麦司 本家 尾張屋」さんというお蕎麦屋さんがあります。

こちらは江戸時代後期に「御用蕎麦司」として宮中(御所)に出入りを許されたお店です。

京都ではこういう超老舗が多いので「○○司」というと「宮中御用達」というイメージが強くあります。しかし、あくまでも「御用」という部分が宮中御用達をイメージする言葉で、「司」は「○○屋」さんの意味です。

京都府京都市中京区仁王門突抜町322
営業時間:11時~19時
定休日:正月(1/1~1/2)
URL:http://honke-owariya.co.jp/

職能としての司


tukasa

』(つかさ)は「つかさどる」ということなので、イメージとして宮中御用達のように思えますが、実際の意味としては「○○司=○○する人」のことです。

たとえば、「司書」とは今でも使いますが、図書館にいる専門職のことです。

職業として行う人は「プロ」であり「専門家」です。

○○司 = ○○を専門とする人

くらいの意味で使われるのが、本来の意味なのです。

しかし、律令制のもとでは今でいう「役所」や「役人」的な意味合いで使われているため、『司』を公的な意味だと思われているようです。

司の起源


Sponsored Link


京菓子司 本たちばな 黒豆かん「黒珠」【送料無料】【メーカー直送品:同梱不可】【コンビニ後払いOK】【RCP】 【P15Aug15】

『司』(つかさ)というのは中国から入ってきた言葉で、今と同じように「する人」とか「する場所」の意味合いです。

今の中華人民共和国(中国)でも使われている言葉です。

中国では「国務院」という行政機関(国家機構)があり(日本の内閣)、そこで業務を行う「国務院弁公庁」が設置されていて、さらにその中に「職能司」という専門家の集団(日本の庁)があります。

国務院 (日本の内閣)
国務院弁公庁 (国務院の業務を行う部署)
職能司 (日本の庁)

中国でも『司』(つかさ)は専門的な職能集団の意味で使われており、その中国から入ってきた言葉が『司』(つかさ)なのです。

司のイメージ


2015-09-25_092520

『司』(つかさ)というのは「宮中に仕えるものの職位」とか「国家公務員」のことですと説明している場合もありますが、必ずしもそうではありません。

宮中御用達 ≠ 司(ノットイコール)
○○屋さん ≒ 司(ニアリーイコール)

しかし「高貴なイメージがあるから」という理由で屋号に『司』を含めるお店の方が多いのが実態です。

『司』は、もともと中国からはいってきた言葉で、日本では平安時代に律令制度が行われた時代から使われています。

そのため、宮中や役所などで使われていたのは真実ですが、その時代から「職員」の意味合いで使われています。

たとえば「家司」(けいし)というのは律令制のもとでは親王家で庶務を行う職員のことです。

前述した「○○司 = ○○を専門とする人」の意味なのです。

司は宮中御用達という意味ではない


江戸時代でも「御用司」(ごようつかさ)というのがあり、京都では御所(宮中)に出入りを許されたお店の意味で使われています。

しかし、前述したように「御用」の部分が宮中御用達の意味であって、『司』は職業的な意味合いです。

しかし、「御用」がついたら必ず「宮中御用達」かといえばそうでもありません。

京都以外でも「御用司」はあり、役所や藩から注文を受けていたお店も「御用司」を名乗っているのも、また事実です。

つまり、宮中御用達でなくても「御用司」は名乗ることができます。

実際には「司 = 宮中御用達」というイメージがあることから、イメージ戦略として「○○司」を名乗るお店も多いというのが実態です。

昭和時代の創業なのに屋号に「菓子司」とつくところはかなりあります。

昔から藩にモノを納めるお店は多く、宮中にモノを納める藩も多くありました。近代でも宮中に伝統工芸を納めたり、天皇行脚の時に天皇家が買って食べたというだけで「宮中御用達」を名乗ることもあります。

司 = 宮中御用達」はイメージ戦略の一環くらいに考えておくのが無難です。

京菓子司 柏屋光貞

江戸時代からある「京菓子司 柏屋光貞」さんは、1806年創業の老舗で、当時は宮中の「大膳部」(だいぜんぶ)という食事を司る場所「膳所」(かしわどころ)に出入りしていました。

当然、宮中御用達です。

「京菓子司 柏屋光貞」さんのように宮中御用達のお店もありますが、店名には書かれておらず「京菓子補」とのみ書かれています。単純に「お菓子屋さん」とだけ名乗っているわけです。

ちなみに「行者餅」(ぎょうじゃもち)を扱うお店で、これは祇園祭のある1日のみしか販売されません。味噌の餡が入った山椒の香りのする和製クレープのようなお菓子です。

京都府京都市東山区毘沙門町33−2

Sponsored Link


京銘菓 抹茶うば玉 美味しさ保証します!【和菓子】

司と付く菓子司にしか許されていないこととは?


初耳学の予告が更新されており「「司」と書かれた京菓子屋にだけ…許されたことがある!?」とありました。

菓子屋にだけ」と京都の菓子司に限定しているので何か許可されているものがあるのかもしれません。

まさか「天皇家に献上できる」と紹介されるはずはなく、天皇家に献上している生産者などは他の県にもいます。

9/27放送の『林先生が驚く初耳学!』で、どういう意味で紹介されるのか、我々は興味津々です。これはぜひ当日見なければならないでしょう。

他にもたくさん面白そうなネタが紹介されるとのことです。

イモト「渋谷駅」に関する驚きの事実
林先生が目下9連敗中…快進撃を続ける料理研究家・土井善晴氏が直接対決!
「司」と書かれた京菓子屋にだけ…許されたことがある!?記事あります!)
天皇が大好物な庶民派駅弁記事あります!)
携帯電話が絶対に禁止の驚きの町!記事あります!)
人気パティシエ出題!チョコレートの美味しさ
浮世絵師「葛飾北斎」に関する知識とは?
幅広いジャンルから厳選された難問・奇問の数々に、林先生も大苦戦!はたして、初耳学に認定されるのは!?

実際の放送では


「司」と書かれた京菓子屋にだけ許されたことがある!?

実際の放送では、このように放送されていました。

御菓子屋は公家などの依頼でお菓子をつくることが許されたことがあったそうです。

食材で使えるものがあるそうで「高級+風味がない」食材を使うことが許されているとのことです。その食材とは・・・・白い砂糖とのことです。

へぇぇえ!!!

昔の話かいっ!(笑)

Sponsored Link


【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】(lf)

他にも「初耳学」関連記事があります。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。