罠のある京都の古道「若狭街道」、昔のままのエゲツない道(鯖街道)でした!

Sponsored Link

京都の古道といえば「長坂道」ですが、まだ過去に舗装された痕跡があるのでバイクでも走れます。しかし、大昔は当然のように舗装されていなかったわけです。

当時の人はどんな道を歩いていたのでしょうか?

古道「若狭街道」、昔のままのエゲツない道(鯖街道)


2014-06-12_175244

そんな雰囲気が残る「古道 若狭街道」に行ってまいりました!

若狭街道とは、琵琶湖の北側の日本海沿岸地域(福井県や新潟県)から京都に鯖(さば)を運んだ古道が有名です。現在でも「鯖街道」の名称で道は残っていますが、本当の古道はもうところどころ残るくらいです。

現在では国道27号や国道367号が「鯖街道」と呼ばれています。

当時はこの道を徒歩で鯖を運んでいました。
古くは平安時代くらいから行われており、1300年近く前から道があったようです。

ちなみに、福井県の小浜から京都まで24時間歩き続けてついたそうです。
1日で行けるんですね。

鯖街道の古道の一部が京都市内にあります


さて、そんな鯖街道の古道の一部が京都市内にあります。
それも、当時そのまんまに(勝手に推測)。

京都府道31号線のこの位置から100メートルほど南に戻った曲がり角付近にあります。

2014-06-12_175244

「若狭街道」とあるように、この辺で「日本海側の若狭はねーだろ」という話なのですが、要するに「鯖街道」のことです。

写真で見てもらえるとわかるように、道というよりも「けもの道」であり、林道ですらありません。

道があるようなないような・・・
いきなり見えないドブはあるわでものすごい道です。

さらに先に進むと・・・

2014-06-12_180923

我々を狙う罠が!!

これ大型の鳥獣用仕掛け罠ですね。

要するに

けもの道なんですね・・・。

私は「文化的進歩人」なので、これ以上は進めませんでした。
ひ弱なもんで。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。