勧進橋で耐震補強工事で手抜きが発覚(京都市)

Sponsored Link

京都市の伏見深草の鴨川にかかる国道24号「勧進橋」で耐震補強工事の際に手抜き工事が行われたことが発覚しました。国土交通省が発注した福井県の工事会社が意図的に不十分な溶接をし、発注要件を満たす溶接工程を省いたのが原因とのことです。

場所は十条駅の近くになります。

京都市の橋 部品に溶接不良 意図的か

NHKが8/28に報じたところによると、福井県の会社「久富産業」が国土交通省から京都市の国道24号の鴨川にかかる勧進橋で、意図的に不十分な溶接をしたということです。

部品検査を担った「北陸溶接検査事務所」も「久富産業」から隠ぺいを依頼されており、恒常的に不正が行われていたとして調査が行われています。

この道は特に交通量が多いのですが、耐震補強工事で手抜きとはお粗末です。

勧進橋(京都市)

勧進橋(京都市)は地下鉄烏丸線「十条駅」の東にある国道24号の橋です。ウトロも近いですね。

場所的には伏見深草のあたりで、龍谷大や竹田方面に行くことができます。

国道24号は渋滞が激しい交通量の多い道ですが、この辺はまだ道が広く、工事車両や運送トラックなどガンガン通る道です。

国道24号は渋滞するので、国道1号のバイパスを抜けるなどする手もあります。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。