激長ッ!全長90キロのサイクリングロード 京都嵐山から大阪や奈良まで続く道

Sponsored Link

京都の観光地である「嵐山」から、もし奈良までサイクリングロードがあったらどうしますか?

走ってみたいですよね。(ただし老後)

激長ッ!全長90キロのサイクリングロード 京都嵐山から大阪や奈良まで続く道


2014-08-26_181306

嵐山から木津まで続く「木津嵐山自転車道」というのがあります。

2015-05-25_125433

これは、観光地・嵐山(京都)の渡月橋の近くから延びている自転車道です。

2015-05-25_125328

木津までと書かれていますが、ルートは途中から大阪方面と奈良方面で別れ、木津からはさらに奈良まで行く自転車道があるという超長距離自転車道です。

このルートは以下のサイクリングロードを使います。

2014-06-04_105623

嵐山から木津まで続く「木津嵐山自転車道」(地図赤線)
上記は、途中の八幡で、八幡から木津まで続く「八幡木津自転車道線」(地図青線)になります。

木津からはさらに奈良まで行く「せんとの道ルート」があり(地図ピンク線)、嵐山から奈良まで全長90キロにもなります。

なお、八幡から木津方面に行かずに、八幡から枚方まで続く「淀川自転車道」(地図オレンジ線)を通ると大阪まで行けます。

2015-05-25_125416

最初の写真は京都の嵐山スタート地点です。木津まで続く最初のコースで約45キロ。それでも十分長いです。

2014-08-26_181249

これが、木津そして分かれて大阪や奈良まで続くのか・・・(ごくり)

嵐山から桂川沿いに木津までおよそ45キロあります。

この道は、自動車やバイクは通行不可で、歩行者か自転車のみの横幅3メートルほどの側道です。

一部、一般自動車道を通る部分もありますが、ほぼサイクリングロードとなっています。

川自体には自動車も走れる側道が一部ではあるのですが、自転車でないと全線走ることはできません。

京都府の公式ページにある「八幡木津自転車道線」の解説では、「木津嵐山自転車道」+「八幡木津自転車道線」で紹介されていますが、実際には2つの路線がつながっています。

八幡木津自転車道線



より大きな地図で 京都八幡木津自転車道線 を表示

ちなみに「八幡木津自転車道線」はGoogleマップで地図を作成した方もいました。

2014-07-22_201502

このルートには時代劇の撮影で有名な木造最長の橋(ながれ橋)があります。また、その近くに「やわた流れ橋交流プラザ 四季彩館」という食事処と銭湯のあるプラザもありますので参考にしてください。

2014-07-22_201711

嵐山の方は景色もよいので、サイクリングされる方も多く、実況動画がYoutubeにあったりもしますよ。

京都の観光地である「嵐山」から、もし奈良までサイクリングロードがあったらどうしますか?

私は行きません(笑)
原付でいいなら行きますが。

京都なんかもそうですが、行政は「自転車」推しです。
エコだし、免許不要だからという理由なのでしょうが、自転車は近場しかいけません。

サイクリングロードは趣味でもないと使いません。

そんなものよりも原付専用道路のほうがよほど使い道があるようにも思います。

その他の「サイクリング」関連記事一覧はこちらです。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。