ファッションセンターしまむら 衣笠店が京都市北区に新規オープン

Sponsored Link

京都市北区に「ファッションセンターしまむら」が新規オープンします。

これまで北区には「ユニクロ」が北大路付近と下鴨神社近くにあっただけで、なんとなく北区民は山で狩った鹿とか熊の皮を纏っていました。

しかし、これからはファッションの聖地「しまむら」でシマムーできるという話です。

京都市北区に「ファッションセンターしまむら」が新規オープン


2015-05-28_182148

2015年5月末に確認したところ、京都市北区の平野神社北側で元コープ(COOP)だった場所に、なんと「ファッションセンターしまむら」が新築工事をしていました。

現在、内装を整えており、外から見る感じでは「ユニクロより広い」感じがします。

オープン日は6/18です。

2015-05-28_182309

家系ラーメン店「紫蔵」側から撮影した写真です。

以前は、コープの屋上駐車場入口があった場所です。

駐車場はコープと併用みたいですが、十分なスペースがありました。

結構広い


2015-05-28_183854

先ほどの家系ラーメン店「紫蔵」側から駐車場に入ると、目の前に入口がありますが、元々コープ入口だった場所からも入れます。(以下)

2015-05-28_184013

コープは2015年2月に少し奥の敷地に引っ越しています。(別記事

車の場合は、こういう奥のほうが入りやすいですよね。

上の写真の手前の右側が「ファッションセンターしまむら 衣笠店」です。

2015-05-28_184239

こちら側がメインの出入り口ですね。

北区では洋服屋はなかなかない


2015-05-28_184331

京都市北区というのは、意外にこういうファッション系のお店がありませんでした。

そのため、立命館大の学生は山に葉っぱを拾いにいってお裁縫するとか書くと怒られるのでやめますが(笑)、北区民のファッションにはいまいち統一性がありませんでした。

右京区の太秦には前からファッションの聖地「しまむら」がありました。ユニクロも太秦に近い帷子ノ辻にありました。

しかし、遠いため、北区からわざわざ行くところでもありませんでした。

今回、平野神社北に「ファッションの聖地」ができることで、この辺が一気に原宿化し、統一性のなかった北区民のファッションは一気にヤンキー化するものと推測されます、たぶん。

公式サイト未掲載


現在、公式サイト未掲載なので、我々が勝手に店名を決定することにしました。

よって「ファッションセンターしまむら 衣笠店」とします。

というのはで、実は我々は内部文書を入手し、その店名が「ファッションセンターしまむら衣笠店」であることを知っていました。

京都府京都市北区平野宮北町1
営業時間:10時~19時
URL:http://www.shimamura.gr.jp/shimamura/

追記:混んでたけど盛り上がりに欠ける感じで


6/18に前通りました。

混んでたのですが、盛り上がってはいませんでした(笑)

コープと隣接なので、便利っちゃ便利ですよね。

Twitterもあまり流れてないようです。ま、これはもともと京都の人ってTwitterで情報流さない傾向にはあります。

Sponsored Link


8ビット ロックマン Tシャツ ファッションセンターしまむら コラボ カプコン CAPCOM 8bit 【10,800円〜送料無料】【内祝い_お返し_結婚祝い_お誕生日_出産祝い】【父の日_お中元_ギフト】【結婚式_引き出物_香典返し】【あす楽】

他にもぞくぞくオープン!何かに沸く紫竹・紫野地区


2015年2月だけで、京都市北区紫竹周辺では3軒の新規オープンが行われました。

2/18 ラーメン屋「希望軒」(記事はこちら
2/25 スーパー「マツモト 北山店」(記事はこちら
2/28 スーパー「デイリーカナートイズミヤ千本北大路店」(記事はこちら
3/20 ラーメン屋「らぁ麺とうひち」(記事はこちら

地元民だけど京都行ってみた京都案内「京都行ってみた」はこちらです。

その他の「新規オープン」関連記事はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。