【嵐山ひろうす】嵐山の「嵯峨豆腐森嘉」(もりか)の飛龍頭や「擬製豆腐」(ぎせどうふ)という珍しいお菓子

Sponsored Link

4/11放送『雨上がり食楽部』で嵐山の「ひろうす」(飛龍頭)が紹介されるようです。「ひろうす」というのは、関東などでは「がんもどき」と呼ばれます。

嵐山で揚げたての「ひろうす」ということなので、嵯峨嵐山にある「嵯峨豆腐 森嘉」(もりか)さんだと思われます。我々も日常的に生活道として通るところにあります。ここには「擬製豆腐」(ぎせどうふ)という珍しいお菓子もあるんです。

嵯峨嵐山の「嵯峨豆腐森嘉」(もりか)の飛龍頭(ひろうす、がんもどき)が紹介か

4/11放送『雨上がり食楽部』で嵐山の「ひろうす」(飛龍頭)が紹介されるのですが、ひとつ思い当たるのが「嵯峨豆腐 森嘉」(もりか)さんです。

嵐山駅からちょっと離れますが、この辺にも清凉寺の参道あたりに雰囲気の良いお店があったりします。ここから「化野念仏寺」まで結構洒落たお店があるので、裏・嵐山観光でおすすめできます。

嵯峨豆腐 410円(800グラム)
飛龍頭(ひろうす) 205円
擬製豆腐(ぎせどうふ) 1250円

「嵯峨豆腐」は豆腐なんでおいといて、「飛龍頭(ひろうす)」は、山芋、銀杏、ユリ根などが入った”がんもどき”です。

2015-04-11_143440

珍しいのは「擬製豆腐(ぎせどうふ)」です。

これ、実はお豆腐のお菓子で、豆腐を崩して他の食材を混ぜて、再度豆腐型に加工して焼き上げたお菓子です。砂糖を使っているので甘いお菓子みたいになります。京都だけの食べ物ではなく、日本中にあるものです。甘くないものはスーパーとかでも見ることがあります。ちょっとした和食屋さんだと、あんかけのかかったものが出ますね。中華弁当みたいのに入っていることもあります。

パっと見でいつも「フレンチトースト」に見えます(笑)

京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町42
営業時間:8時~16時
定休日:水曜
URL:http://sagatofu-morika.co.jp/

嵐山の「竹むら」

地元民だけど京都行ってみた京都案内「京都行ってみた」はこちらです。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。