【京都不景気】憂国4/10日経20000円で週末統一選も「株式会社京都きものプラザ」さんが自己破産

Sponsored Link

4月9日京都で呉服販売を営む「株式会社京都きものプラザ」さんが自己破産しました。

景気低迷や個人消費の落ち込みにより「着物」の需要が減少したことで業績も悪化していました。

株価も不穏に2万円を突破し、安倍政権は報道への強権介入を続け、親米売国奴が跋扈し、景気が悪いのに誰もそれに目を向けずに「株価上昇は良いことだ」などと盲目的に思い込んでいる・・・・今の日本に「憂国」という言葉は存在しなくなりました。

4月10日に質の悪い日経平均20000円突破が実現

政治担当です。

4月10日に日経平均が15年ぶりに2万円突破となりましたが、京都は景気が良い気もせず、本年度は教育事業への公的資金も減額になるなど厳しい状態です。

非常に質の悪い株価上昇です。

ニュースでは、公的資金が株を下支えしていると書いてますが、黒田が金融緩和で国債と紙幣を乱発して、それが市中には回らずに、ギャンブル市場(株式市場)に郵貯や年金資金で株を買い支えで回っている上に、質の悪い円安で日経平均の一部構成銘柄だけで2万円を超えたという大変お粗末な結果でした。

今上陛下のパラオご訪問で意味不明に盛り上がる親米売国奴

「アベノミクスの効果はない」などと書くと、自民党から圧力がかかりそうな強権時代に突入しており、政策の説明はしないくせに「報道への文句は多い安倍政権」は日中戦争への道にまっしぐらです。

親米売国奴のネトウヨが「皇后陛下は「A級戦犯」ご発言の撤回を! 」などと勝手なことを書いていますが、今上陛下によるパラオご訪問では、そんな売国・安倍政権への不満が感じられるご訪問でした。

なお、思うところいろいろありますが、パラオということなので巡視船でご宿泊されたということです。

親米といってもイスラエル・アメリカ共和党系の政策を支持する安保保持主義で原発推進。1990年代後半に発生し、小泉・安倍自民党支持者。嫌中・嫌韓のヘイト行動が特徴。主張は女々しく、中道リベラルのみならず保守派であっても主張の異なる者には「アカ」や「ブサヨ」などと決めつけ嫌悪する傾向にある。天皇家が嫌う活動をしていることに気が付かない売国奴。軍事マニア多め。

「統一選」後にプライマリーバランス発表の思惑


週末には「統一選」が始まり、4月下旬まで続きますが、この後に「プライマリバランス」の発表が意図的にスケジューリングされているを見ました。たぶん、色々と問題のある内容で鉛筆なめなめしながら書ける内容でもなかったのでしょうか、意図的に選挙後に発表というスケジュールになった夢を見ました(笑)

とはいえ、やっぱり鉛筆なめなめしながら「赤字額が大幅改善!」とかやるのが、安倍政権的には良いはずで、ゴールデンウィーク明けのプライマリーバランス発表に注目したいところです。

株価の上昇は5月のGW明けで終了か?


ということは、今の株価上昇はゴールデンウイーク明けまでということになりそうです。

なぜなら、安倍政権は基礎的財政収支の赤字を2015年度にGDP比で半減させると目標設定しているからです。なお、2020年度に黒字にする目標にもなっています。

つまり、今の株価上昇で公的資金の含み益が出るから、会計処理でごにょごにょやって、プライマリーバランスが改善しましたぁみたいな話にするというシナリオにできるからです。

とりあえず、目先も2015年目標で一服するのではないかと思う・・・・

という夢を見たよ(笑)

だそうです。

4月9日京都で呉服販売を営む「株式会社京都きものプラザ」さんが自己破産

4月9日に、京都で呉服販売を営む「株式会社京都きものプラザ」さんが自己破産を申請しました。

すでにHPも閉鎖されていました。

地元で島倉千代子さんを起用した「京都きものプラザ大B反市」などを開催していましたが、そんなに知られていたわけでもなく、にぎわっていたという話もなく、他にも着物屋さんはたくさんあるわで、仕方ない面があります。

京都府京都市右京区西院東貝川町31番地
URL:https://www.kimono-plaza.co.jp/

その他の「政治担当」記事はこちらです。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。