【京都新名所】2015年春に「琵琶湖疏水クルーズ」という観光船(琵琶湖疏水船)が復活

Sponsored Link

2013年から京都では騒がれていますが、2015年春に「琵琶湖疏水クルーズ」という観光船(琵琶湖疏水船)が復活すると話題になっています。

追記:2015年3月~5月試験運行があり、開始は延期となっておりましたが、2015年11月14~29日限定で「大津乗船場~蹴上下船場」での運行体験が行われます。ただし、すでに予約で満杯ということです。

「琵琶湖疏水」とは


「琵琶湖疏水」とは、琵琶湖(大津市)から京都山科(京都市東山区)まで続く1疏水(約8キロ)のことで、途中はトンネルなどもある水を引くための水路です。そこに、かつて旅客や荷物運搬などで船が通っていました。

実際には400メートルほど北にある疎水で、トンネルが4箇所あります。

琵琶湖疏水第一疎水のトンネル
第一トンネル
諸羽トンネル
第二トンネル
第三トンネル

1951年に、鉄道開通と共に、琵琶湖疏水船は廃止。

2013年ころから、観光船として復活させようという「琵琶湖疏水クルーズ検討プロジェクトチーム」が発足し、トンネルなどの安全性を調査していました。

2015年春から「琵琶湖疏水クルーズ」開始予定


このたび、その安全性などを確認して、春には観光船が復活する見通しです。

1日4便、片道1時間の試験運行で、一般から募集した観光客で運行することになりそうです。

期間中、3コースで1日当たり各4便を運航。乗船モニターとして、2月5日から小学生以上(小学生は保護者同伴)の計1152人を募集する。乗船料は1000~2000円で、アンケートへの協力が条件。募集要項は、両市とJTB西日本京都支店のホームページに掲載する。

第一トンネルは1890年に建造され、1972年以降は補修もされずに放置されていました。

山科の方では、桜並木などもあります。

大津港付近(琵琶湖疏水の取水口)です。

全線だと、結構距離ありますよね。

岡崎桜回廊十石舟めぐり


ちなみに、蹴上インクラインから哲学の道のところでは、今でも「琵琶湖疏水十石船」があります。これは、「岡崎疎水」の観光船で「岡崎桜回廊十石舟めぐり」として、春だけ運行しています。人気があるので5時間くらい待つことがあります。

今年は3/10から「WEB予約」が開始されます。

岡崎桜回廊十石舟めぐり
期間:3月後半から5月初旬まで
時間:9:30から16:30で、15分ごとに運行
料金:大人1000円
http://kyoto-tabi.or.jp/jikkokufune.html

2015年11月14~29日限定で「大津乗船場~蹴上下船場」での運行体験


2015年11月14~29日限定で「大津乗船場~蹴上下船場」での運行体験が行われます。

募集期間は10/5~10/11まで行われており、すでに満員となっています。

参加費:4000円(全コース)
1日42名限定
1度の乗船は6人まで

募集は「http://www.city.otsu.lg.jp/」などの大津市公式サイトで行われていました。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。