【幻の名刀正宗公開】10/15~11/26京都「平成知新館」で「京へのいざない」第2期展「名物島津正宗」

Sponsored Link


以前紹介した京都「平成知新館」で10/15から「京へのいざない」第2期展(一般公開)、日本の幻の名刀「名物島津正宗」が約150年ぶりに公開されました。

2014-10-15_114133

秀吉の愛した天下三作-吉光・正宗・義弘-(「京へのいざない」第2期展示)
展示期間:2014年10月15日 ~ 2014年11月16日 会場:平成知新館 1F-5

名刀の蒐集家であった秀吉が名刀を収集していましたが、中でも「京の吉光」「鎌倉の正宗」「越中の義弘」の作品を珍重しました。(天下三作)

今回は大阪市在住の実業家「奥田米佛門氏」が昭和44年に近衛家から譲り受けた「名物島津正宗」が、同人により博物館へ寄進され、確認したところ150年間行方の分からなかった「名物島津正宗」であることが判明しました。

今回の展示は、近衛家伝来の「刀 名物島津正宗」を中心に天下三作の作品を展示します。

近代以降、150年所在不明であった「享保名物帳」記載作品が初公開となるということで人気を博しています。

「享保名物帳」とは


享保年間に発行された名刀の格付けを示す書物。
8代将軍徳川吉宗が本阿弥家に編集を命じたとされている。

正宗とは


鎌倉末期の刀工「岡崎正宗」策の刀の総称。存在が知られているものの多くは国宝や重要文化財に指定されており、躍動感のある刃紋が特徴。

今回見つかった刀も国宝級である可能性が高い。

平成知新館(京都国立博物館)


入館料は520円(大学生260円)

また、2014(平成26)年10月7日(火)~11月24日の期間で「国宝 鳥獣戯画と高山寺」も開催予定となっています。

2014-08-31_095253

京都国立博物館
京都府京都市東山区茶屋町527
http://www.kyohaku.go.jp/jp/index.html

【リニューアルオープン】9/13、京都国立博物館が長い閉館から復活して新しく「平成知新館」で再オープンし新たな観光名所に

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。