【690円ステーキ!】ステーキハウスYAMA(京都市北区)690円でステーキランチだ!

Sponsored Link

微妙に好評の「誰も行かない京都案内」です。「いきなりステーキ」とまではいきませんが、京都市北区に激安ステーキが食べられるお店があります。なんと、平日ランチはステーキが690円なんです。

今回は京都市北区にある「ステーキハウスYAMA」を紹介します。

ステーキハウスYAMA(京都市北区)690円でステーキ


2014-09-16_160355

若干、貧乏くさい我々編集部は常に安いものに神経を研ぎ澄ませています。もちろん、味は二の次。そんな我々が唸るようなお店が京都にあります。ま、いろんな意味で唸るんですが。

これが見てくれです。昭和の良いところを残した荘厳な佇まいはステーキハウスと呼ぶに相応しい姿と言えるでしょう。

ステーキ平日ランチ690円(150グラム)


2014-09-16_160408

もはや、営業しているのかしていないのか想像がつかないのですが、唯一の手がかりともいえる看板がありました。

ステーキ690円と書かれた看板が・・・

なんか、これ安いんじゃない?

2014-09-16_160421

どうやらサービスランチのようです。

噂では平日だけとか。

昼は11:30から14:00まで
夜は17:30から22:00まで

木曜定休です。

他にもハンバーグなんかもあります(750円)。ま、ハンバーグはすき家でもいいかとか思うわけで、今回はガッツリとステーキでいきますよ!

店内は有形文化財のような趣き


2014-09-16_160505

お店の中は古きよき昭和の時代が残る文化財のようなお店です。

そこに推定年齢60歳後半くらいのマスターと奥様が切り盛りされています。人柄の良さそうな感じの地元のお店です。

2014-09-16_160449

ステーキはもちろん高級店と同じように目の前で焼き上げるタイプ。いやはや、これあるところで1000円以下ってなかなかありませんよ。期待が膨らみ過ぎます。

さっそくランチAで注文。

コーヒーかスープを選べるので、今回はコーヒーにしました。

2014-09-16_160436

するとおもむろに目の前に牛肉が!

焼き上げるのに随分かかりそうですが、実際は10分かかりませんでした。

実食レビュー


2014-09-16_160541

なんか懐かしい佇まいのステーキです。

高度成長期のバブルが終わった後、ガンガン潰れた古き良き喫茶店の雰囲気が感じられます。あぁあの頃はガムシャラに働いて無我夢中でお金を浪費していたなぁと余計なことばかり思い出されます。泣けてくるぜ!

2014-09-16_160610

なんとなく熟成肉っぽいブヨブヨ感のあるお肉です。まさに民衆ステーキの中のステーキです。

2014-09-16_160518

薬味のはいったタレでいただきます。なんか懐かしい味でうまい。

2014-09-16_160623

ちゃんとサラダもついてました。別皿でなくても良いような気もしますが、こういうところが下町なんです!(注:下町でもなんでもありません)

2014-09-16_160634

究極まで炊きあげたお米です。匠の技っぽい。

2014-09-16_160647

炭火焼き冷コーがついていました。ま、これは市販のものだと思います。

総括


2014-09-16_160528

これでステーキが690円ならお安いと思います。だからといって、わざわざ食べに行かないように(笑)
最近は「いきなりステーキ」さんのようにお気軽に食べられるお店もありますから。

とはいえ、京都ではこういうお手軽ステーキは希少な存在です。

学生さんとかたまにステーキ食べたくなったら、ぜひ行ってみてください。

Sponsored Link


1ポンドステーキ迫力のボリューム柔かなロースの牛肉450g熟成牛肉 訳あり 業務用 簡易包装

その他の「いきなりステーキ関係記事」はこちらにもあります。

地元民だけど京都行ってみた京都案内「京都行ってみた」はこちらです。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。