【花の天井】「平岡八幡宮」で秋の特別拝観、187年ぶり本殿修復で復活

Sponsored Link


京都市北区から国道162号線を右京区の鳴滝方面に北上すると「平岡八幡宮」というのがあります。

平岡八幡宮
京都府京都市右京区梅ケ畑宮ノ口町23

6月に187年ぶり本殿修復を行れましたが、その「平岡八幡宮」で秋の特別拝観が行われます。

u042

平安時代に弘法大師が開いた平岡八幡宮の本殿天井には江戸時代末期に描かれた44枚の花の絵「花の天井」が現存しており、高雄のカエデや野菊をはじめ、四季折々の植物が極彩色で表現されています。

修復により色彩が戻り、狩野派の絵師、山本探淵の名前も見つかるなどしています。

拝観は11/30まで。
※10月5、12、13日は拝観休止中
※最終受付は15:30頃まで

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。