【写真大量】9/3 京都・嵐山の渡月橋で流木撤去作業が開始される

Sponsored Link


9/3 朝8時から京都・嵐山にある渡月橋では、流木の撤去作業が行われました。

先月の台風の影響により、上流から流れ着いた流木が渡月橋のゲタ部分にひっかかっており、このままでは橋の腐食が進んでしまうことから、今回の撤去作業となりました。

現場では、朝から夕方17時までの予定でクレーンによる土木作業が行われています。

渡月橋


※以下の写真は「osumituki.com」の出典が記載されていれば転載可能です※

2014-09-03_140402

雨が降りそうな京都・嵐山の渡月橋は、今日も外国人観光客が多く訪れていました。あまり工事には興味がないようで、みなさんなぜか景色を撮影しています。不思議ですねぇ。

2014-09-03_140608

工事が始まりました。
橋からハシゴを使って作業の方が川に降りていき、流木にロープをくくりつけていきます。

2014-09-03_140721

かなり大きな流木にロープをくくっていきます。

2014-09-03_140837

橋は車線規制をしていますが、特に混雑はしていません。

2014-09-03_141007

スマホのズームではいまいちですが、中央に流木が見えます。全長7メートルはあるでしょうか。

2014-09-03_141149

まだ大小さまざまな流木が橋ゲタにひっかかっていました。

流木引き上げ風景


2014-09-03_141415

全長7メートルはあろうかという流木がクレーンで引き上げられていきます。まさに匠の技、京の伝統技です。

2014-09-03_141619

我々の期待むなしく何事もなく引き上げられる流木。もっとこうあるでしょ。

2014-09-03_141733

雨降りそうっス。

橋の上


2014-09-03_141319

車線規制していますが混雑していません。

2014-09-03_141237

みなさん作業しております、たぶん。

2014-09-03_141858

大きいのでトラックの荷台でチェーンソーで切ります。

周りの観光客はまったく興味ない中、編集部だけが作業に熱狂するという異常事態で、作業員が笑っておりました。

2014-09-03_142048

カメラ目線いただきました。ピースはないようでした。パッと見、なんか「ベ平連」か「革マル」かって感じにも見えますが、そういうことではありません(たぶん)。

臨川寺でも似たような作業


川岸で橋の近くにある「臨川寺」(りんせんじ)でもクレーンがいました。今は拝観できないようです。

2014-09-03_142156

奥に大木が積まれており、それを短く切断してトラックに積んでいます。

流木という感じがしませんし、枝葉も見えますので寺内のもののようです。

2014-09-03_142413

なぜか撮影。

2014-09-03_142439

結構太い大木です。門前のところの生えていたものですかね。

ということで、9/3の嵐山は「木」がテーマでした。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。