【謎対策】2020年東京五輪控え 官民一体で京都御苑テロ対策

Sponsored Link


8/26の報道でこんなのがありました。

京都御苑が管内にある上京警察署が官民あわせて東京五輪でのテロ対策を行う準備をしているというものです。

2020年東京五輪控え 官民一体で京都御苑テロ対策へ(KBS京都)
2020年の東京オリンピックを控え、上京警察署はきょう、官民一体でテロ対策を推進しようと検討を始めました。京都御苑が管内にある上京警察署が、2016年のG8サミットや2020年の東京オリンピックなどの開催で、国際テロの攻撃対象となる可能性が高いとして対策準備会を立ち上げたものです。地元の行政や民間事業者など官民が一体となって、テロ攻撃の未然防止に向け、取り組むということで、きょうは上京区役所や消防署、それに大学やホテルなどからおよそ30人が出席しました。挨拶に立った上京警察署の髙瀨基彰署長は「テロへの危機意識を共有しながら、しっかりと連携体制を確立していきたい」と呼びかけました。今後、「テロを許さないまちづくり」を掲げ、組織を立ち上げる予定で、来年1月に設立総会を行い、まちぐるみのテロ対策へ機運を高めていきたいとしています

京都は開催地ではないですし、外人の知名度の低い「京都御苑」でテロとか発想がすごいです。

なにもないし誰もいないし、そんなところでテロする必然性がよくわかりませんでした。

2014-08-26_213501

東京五輪はたぶん理屈づけで、目的は「テロを許さないまちづくり」なのでしょう。これを機に色々と規制をしていくんだと思います。

なお、京都御苑は開放されていて誰でも入れます。膨大な敷地のほとんどを見ることができます。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。