【京都パン志津屋?】知ってますよ、でも行かないし、どこにあるんでしたっけ?

Sponsored Link

京都には、「志津屋」(SHIZUYA)という老舗のパン屋があります。そこの「カルネ」というパンが京都人のソウルフードなんだそうです。

京都人なのに「なんだそうです」とはなんじゃコラ!と思わないで先に進んでください(笑)。

「京都の人なら知らない人はいない」とか
「京都の新定番」とか

紹介されています。

しかし、お墨付き!のメンバーは・・・


「カルネ?食べたことない」
「家の近くにないから、あまり行かない」
「親も買ってきたことないなぁ」

と困ったことを言っています。

ま、でも確かにそうかもしれません。
イオンにあるわけでもないし、町中にポツンとフツーに存在するので目に止まらないのです。

地図見てもらうと、祇園と烏丸の4店舗以外は「なんでだよ!」というようなところにしかありません。

Jタウンネットさんで紹介されています


今年の年始くらいに「Jタウンネット」さんで紹介されていたのを見てはいました。

京都のソウルフードは意外にも「パン」! 地元民がこよなく愛する「カルネ」って?
KADOKAWA メディアファクトリーから刊行中の『ご当地グルメコミックエッセイ まんぷく京都』(漫画・てらいまき、案内人・吉田志帆)によれば、そんな「パン激戦区」京都で、地元民から「ソウルフード」と呼ばれる一品があるのだとか。
http://j-town.net/tokyo/gourmet/topics/110327.html

b_img_09
これが「カルネ」170円

b_img_11
こっちが「カスクート」大¥370/小¥190

ただ、志津屋に行かないというわけでもないし、パンを買わないというわけでもないのです。

志津屋で買うのは「とんカツサンド」500円でしょ


b_img_02
「とんカツサンド」500円

フード担当の私が京都に住んでて、親が買ってきた志津屋のものといえば、いつも「とんカツサンド」500円です。

うちのメンバーも


「これは食べるよ」
「定番じゃんw」
「新幹線で東京行く時に京都駅で買うやつね」

と話していました。

ぶっちゃけたこというと、普段から「志津屋」でパンとか買ったりしません。観光客くらいじゃないでしょうか。もしくは、特別に買いにいくとか。

なので、京都駅から旅行に出かける時に京都駅で「とんカツサンド」買ったりとかのほうが京都人的にはポピュラーだと思うんですよね。

志津屋
http://www.sizuya.co.jp/

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。