豊臣秀吉最期の城「京都新城」が京都仙洞御所で発見される

豊臣秀吉最期の城「京都新城」京都仙洞御所で発見されたと2020年5月12日に報じられました。場所は京都仙洞御所の西側塀の内側、今回は石垣などが発見されています。京都新城の範囲も推定されており、京都新城は現在の京都御所と大宮御所と京都仙洞御所と丸太町通南側住宅域までも含む大きな範囲にあったと推測されています。

豊臣秀吉最期の城「京都新城」が京都仙洞御所で発見される


京都仙洞御所へ入る門(京都御苑内)

京都仙洞御所へ入る門(京都御苑内)

2020年5月12日に、京都市埋蔵文化財研究所は「豊臣秀吉最期の城 京都新城 のものと見られる石垣の一部が京都御苑内の京都仙洞御所から出土した」と発表しました。

京都仙洞御所(せんとうごしょ)は京都御苑内の南東にあり、その西側の塀内側から発掘されたそうです。

京都新城は豊臣秀吉が亡くなる一年前(1597年)に建てられたとされる「豊臣秀吉最期の城」と言われてきましたが、これまで文献にしか登場せず詳細なことは分かっていませんでした。また、築城から30年ほどで解体されてしまい、その遺構が未確認であったことから「幻の城」とも言われてきました。

今回の発掘調査は消防設備の設置に伴い京都仙洞御所の一部を調査したところ発見され、石垣が南北8メートルほど確認されたそうです。

その際に豊臣家の家紋が入った金箔瓦が発見されたことで、京都新城であると断定されました。

豊臣秀吉最期の城「京都新城」の場所


京都新城の遺構は京都御苑内の京都仙洞御所西側の塀内側で発見された

京都新城の遺構は京都御苑内の京都仙洞御所西側の塀内側で発見された

豊臣秀吉最期の城「京都新城」の遺構は京都御苑内の京都仙洞御所西側の塀内側で発見されました。

上の写真の赤枠部分が該当箇所で、京都新城は現在の京都御所と大宮御所と京都仙洞御所と丸太町通南側住宅域までも含む大きな範囲にあったと推測されています(オレンジ枠)。

京都御所で発見されたと書かれている記事もありますが、正確には「京都御苑内の京都仙洞御所で発見された」というのが正しい表現です。

というのも、京都御苑という大きな公園があって、その北側に京都御所があり、そのほかに大宮御所や京都仙洞御所も京都御苑内にあるというのが正しい認識だからです。

オレンジ色=環境省、赤色=宮内省の管轄

オレンジ色=環境省、赤色=宮内省、内閣府の管轄

以前の記事「京都御苑と京都御所はどう違う?」でも書きましたが、京都御苑は京都御所の周囲にあった公家町を整備して国民公園としたものです。

そのため、京都御苑の中に御所が存在するのです。

京都御苑は「環境省」が管理、御所と呼ばれる個所は「宮内省」が管理しています。

京都迎賓館は「内閣府」管理です。

また、皇宮警察が御所周辺を随時パトロールしています。

豊臣秀吉最期の城「京都新城」は見ることができない


京都新城の遺構は京都御苑内の京都仙洞御所西側の塀内側で発見された

京都新城の遺構は京都御苑内の京都仙洞御所西側の塀内側で発見された

豊臣秀吉最期の城「京都新城」は京都仙洞御所の西側の塀内側で発掘されています。

上の写真が京都仙洞御所の西側の塀で、この内側で「京都新城」の遺構が発見されました。

つまり、この場所は「京都新城」があった場所ということになります。

御所は侵入センサーや監視カメラで厳重に監視されています

御所は侵入センサーや監視カメラで厳重に監視されています

京都新城の遺構は京都仙洞御所の中であり、一般は立ち入り禁止となっています。

門には皇宮警察がおり、塀の周囲には侵入センサーや監視カメラが設置されて厳重に監視されています。

大宮御所北門、皇宮警察が門を管理しています

大宮御所北門、皇宮警察が門を管理しています

ということなので、京都新城の遺構はマスコミへの公開のみで現地説明会は行われていないようです。

通常は遺構が見つかれば、市民に日時限定で現地説明会が開催されるのですが、さすがに御所の中なのでそれもなかったようです。

今回の件は京都市埋蔵文化研究所サイトにて報道機関に配布した説明資料が公開されているのみです。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。