京都市右京区の辺鄙な場所で不織布マスクが売っていたという話

京都市右京区のまさかという場所で「不織布マスク」が売っていました。値段は50枚入り一箱で3000円(税込み)。15枚入りで1000円です。ほかに比べて良心的というか普通の価格で販売しています。その場所とは「双ヶ岡(ならびがおか)」の国道162号沿いです。

京都市右京区の辺鄙な場所で不織布マスクが売っていたという話


京都市右京区の辺鄙な場所で不織布マスクが売っていたという話

京都市右京区の辺鄙な場所で不織布マスクが売っていたという話

今回の「京都案内」は、京都市右京区の辺鄙な場所で不織布マスクが売っていたという話です。

その辺鄙な場所とは「双ヶ岡(ならびがおか)」の国道162号沿いです。

国道162号で宇多野・福王子へと向かう途中にある「ユタカエッセ」さんのスペースで露店販売されていました。

まぁ「辺鄙」というと失礼ですが、地元の自分が言うのだから許してください。

マスクは1箱(50枚入)が3000円(税込み)

マスクは1箱(50枚入)が3000円(税込み)

価格表(マスク)

価格表(マスク)

マスクは1箱(50枚入)が3000円(税込み)です。

この前は三条会商店街で4500円で買ったから、それより1500円お安いです。

15枚セットは税込み1000円です。

ドラッグストアなどのディスカウント販売と比較すると少し高いのですが、それでも良心的に販売していると言えます。

日本製マスクに重ねるシートや布製のファッションマスク、ハンドジェルも販売中

日本製マスクに重ねるシートや布製のファッションマスク、ハンドジェルも販売中

他にも、日本製マスクに重ねるシートや布製のファッションマスク、ハンドジェルも販売中でした。

ハンドジェルは1500円で大きいサイズのものです。これはドラッグストアでも同じくらいの値段ですね。

販売は「秀鳳株式会社」さんとなっていますが、地図上の「ユタカメッセ」さんと同じ住所にある会社です。

京都市右京区で売っていた不織布マスクの中身


中国製の使い捨て不織布マスクです

中国製の使い捨て不織布マスクです

販売していたのは、中国製の使い捨て不織布マスクです。

製造会社は北京にあるのでしょうか

製造会社は北京にあるのでしょうか

2020年2月の検査印(使用期限は2年間)

2020年2月の検査印(使用期限は2年間)

サイズは17.5cmx9.5cmなので大きな不織布マスクです

サイズは17.5cmx9.5cmなので大きな不織布マスクです

2020年2月に生産された不織布マスクで、サイズは17.5cmx9.5cmなので大きなものでした。

50枚入りで1枚単価は60円、一般的なお値段で、品質ににも問題はなさそうでした。

まだ在庫あるそうなので、マスクを入手できなくて困っている方は行ってみてください。

不織布マスクは京都市右京区のどこで売っている?


不織布マスクは京都市右京区の双ヶ岡近くの国道162号沿いで販売中

不織布マスクは京都市右京区の双ヶ岡近くの国道162号沿いで販売中

では、不織布マスクは京都市右京区のどこで売っているのでしょうか?

不織布マスクは京都市右京区の双ヶ岡近くの国道162号沿いで販売中です。

地図では「ユタカエッセ」さんという会社の前になります。

営業時間は11時頃からで決まった時間ではないみたい、終わるのも夕方くらいまで販売していることもあるということで決まった時間ではなさそうでした。

在庫がある限りの販売とのことなので、お近くの方は見に行ってみてください。

〒616-8211 京都府京都市右京区常盤御池町21−16
営業時間:11時頃~4時くらいまで


主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。