京都・金閣寺周辺の飲食店は休業ラッシュ【新型コロナウイルス】

新型コロナウイルスで京都の観光地は多大な被害を受けています。観光客がほぼいないのです。でも、それはまだ最近になってからのことですが、京都ではいち早く観光客が来なくなった観光地があります。それが「金閣寺」です。

金閣寺周辺の飲食店は休業ラッシュ


観光客ゼロの金閣寺、周辺エリアの飲食店は休業ラッシュ

観光客ゼロの金閣寺、周辺エリアの飲食店は休業ラッシュ

新型コロナウイルスが世界的に流行してから京都も観光地を筆頭に人がいないという状況が続いています。

市中の非観光地は住民でにぎわっている場所もありますが、渡航規制で観光客が来ない観光地には閑古鳥が鳴いています。

以前、祇園・清水JR京都駅前の惨状を紹介しましたが、京都の観光地でいち早く被害を受けていた場所があります。

それが・・・・

金閣寺

です。

団体観光バスの駐車がゼロという異常事態の金閣寺

団体観光バスの駐車がゼロという異常事態の金閣寺

金閣寺という観光地は他の観光地とは事情が異なります。

京都市内の観光地で唯一、孤立した有名観光地だからです。

清水寺や八坂神社は祇園観光とセットで行けますし、銀閣寺は東山・哲学の道散策とセットで行くことができますが、金閣寺だけは陸の孤島のような有名観光地だからです。

そのため、旅行者は団体観光バスでやってくる中国人がほとんど。

今回の新型ウイルスは中国・武漢が発生源ということもあり、早々から中国は観光の自粛を実施してしまいます。

そのため、京都でもいちはやく新型コロナウイルスの被害を受けた観光地が金閣寺なのです。

バス停から金閣寺までにあるお店もほぼ休業中

バス停から金閣寺までにあるお店もほぼ休業中

それでも金閣寺は拝観できるのですが、金閣寺エリアの飲食店は悲惨な状況です。

金閣寺エリアというのはさっきの書いたけど、ちょっと他と事情が違う観光地です。

ほとんどの観光客は団体観光バスで金閣寺に入って、一歩も出ることなく帰っていきます。

お金は金閣寺の中に落としていきます。

そして、観光客の数割は京都市バスでやってきます。

金閣寺道の京都市バス停から金閣寺の間(200メートル)くらいの飲食店やお土産もの店は、その数割の観光客を取り合って生きています。

きぬかけの路の飲食店は悲惨な状況

きぬかけの路の飲食店は悲惨な状況

さて、ほとんどの観光客は金閣寺の中で用事を済ませるか、京都市バスのバス停までの間でお店に立ち寄ります。

しかし、ほんの数%の観光客は「きぬかけの路」という金閣寺入口から南へ向かって龍安寺・仁和寺へと歩いて行ったりします。

この金閣寺エリアの恩恵を普段からほんのちょっとだけ受けていた「きぬかけの路」の飲食店はもっと悲惨な状況なのです。

金閣寺・きぬかけの路の飲食店はほぼ全滅


きぬかけの路にある金閣寺駐車場(駐車率ゼロ)

きぬかけの路にある金閣寺駐車場(駐車率ゼロ)

金閣寺エリア「きぬかけの路」の飲食店はほぼ休業という状況で、観光客とか全く歩いていません。

そもそも、もともと観光客があまり流れてこずに恩恵が小さい「きぬかけの路」でしたが、新型コロナウイルスの影響でほぼ全滅といった事態になっているのです。

ということで、金閣寺から「きぬかけの路」を南下しつつ営業状況を見てみます。

左から、お土産店=休業、鯛めし槙=営業

左から、お土産店=休業、鯛めし槙=営業

お土産店=休業

お土産店=休業

洋食「いただき」=営業

洋食「いただき」=営業

土産店2店舗=休業、お好み焼き大のじ=営業

土産店2店舗=休業、お好み焼き大のじ=営業

日本料理「錦鶴」=休業

日本料理「錦鶴」=休業

ラーメン店「KAZU」=休業

ラーメン店「KAZU」=休業

おむらはうす=営業(4月15日から休業)

おむらはうす=営業(4月15日から休業)

カフェ「バニーマタル」=休業

カフェ「バニーマタル」=休業

まんぷく食堂 金閣寺きぬ=連休で休みだが普段は営業

まんぷく食堂 金閣寺きぬ=連休で休みだが普段は営業

権太呂 金閣寺店=休業

権太呂 金閣寺店=休業

お土産店=休業

お土産店=休業

カフェ「花*花」=臨時休業中

カフェ「花*花」=臨時休業中

毎日、この「金閣寺エリア」を見ていますが、中国から観光客が来なくなってからずっとこんな状況です。

東山も祇園も今は同様に観光客がほぼいなくてひどい状況ですが、それより前から金閣寺エリアは影響を受けてきました。

このエリアで休業中のお店の中には、店主が他の業種のアルバイトに応募していたりするくらいです。

また、観光地で地元の人も少ないので「テークアウト」も効果がありません。

まさに、今の状況に対策すらないのが金閣寺エリアという観光地なのです。


主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。