水を飲んでコロナウィルス対策&京都の飲食店事情

世界中に蔓延する勢いの新型肺炎「コロナウィルス」は世界的観光地である京都でも他人事ではありません。なるべく外出を控えていましたが、そういうわけにもいかないのが実情。そんな中、水分を摂ることで感染の可能性を下げる方法が話題になっていました。

水分を摂ってコロナウィルス対策


ウイルスの感染対策には水を飲むのが有効?!

ウイルスの感染対策には水を飲むのが有効?!

ここ数週間、中国の武漢で発生した新型の肺炎「コロナウィルス」の世界中への蔓延が話題になっています。

東京などの都市圏、さらに世界有数の観光地である京都では、この「コロナウィルス」に感染する可能性が高いと判断して、飲食店巡りを控え気味にしてきました。

もちろん、京都の飲食店事業者にとっても、この「コロナウィルス」は注意すべきものです。

そんな中、いつもよく行く激安カレー店「夢を叶える」さんが気になるTweetをしていました。

お医者さんが患者さんから風邪などのウイルスをもらわない対策として「水を飲んでいる」という話です。

私も大量に水分を飲むのですが、ここ20年で風邪をひいたのは2回程度とかなり少ないので、これはそうなのだろうなと思いました。

他の投稿でも、手洗いや水分の摂取を行っているホテル勤務者の事例があります。

世界各国から宿泊客がやってくるホテルにとっても感染病というのは対策すべきものだからです。

それによると「うがいではなく水を飲む」のが良いそうです。

ウイルスは胃酸にやられるためという理由が記載されていました。

コロナウィルスによる京都の飲食店事情


京の台所「錦市場」は中国人観光客で賑わっています

京の台所「錦市場」は中国人観光客で賑わっています

先日、祇園の飲食店さんに立ち寄った時のことです。

日本語を話す私に安堵の表情を見せていた店主さんに、ピンときて「中国・武漢で発生したコロナウィルス」の話をしてみました。

すると店主さんは「中国からのお客様はなるべくお断りしたいです」と話してくれました。

これは本音でしょう。

実際にはお断りするのは営業的にも難しいので、公然と断わっているわけではないとも話してくれました。

ただ、ちょっと前に中国からの団体客はお断りしたそうです。

私のように街中を歩いているだけであれば、中国人の方に近づく機会はよほどの混雑地域でもなければ少ないです。

しかし、ホテルの従業員タクシーのドライバー飲食店の店員さんはそういうわけにもいきません。

特に飲食店は感染経路の一端になる可能性もあります。

完全に感染を防ぐのはとても難しいことだとは思いますが・・・・

こまめな手洗い、そして水分を摂るという方法をこういった職業の方々にも実践してもらえれば拡散を防ぐことになるのではないでしょうか。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。