【京都の元花街遊郭】今でも花魁道中「輪違屋」さんは現在は茶屋として営業中(京都市下京区)

Sponsored Link

京都市下京区には江戸時代に花街(遊郭)として栄えた島原(しまばら)という地区がありました。

当時は、大坂の新町遊廓、京都の島原遊廓、江戸の吉原遊廓で、三大遊廓と呼ばれて大いに栄えたそうです。

今でも花魁道中「輪違屋」さんは現在は茶屋として営業中


2014-08-19_115515

今はその面影もありませんが、「輪違屋」(わちがいや)というのが茶屋さんとして現存しています(現存最古)。いまでも「太夫」を教育する役割を持っています。「太夫」とは最上級の遊女のことです。関東では「花魁」と呼びます。

茶屋といっても普通には入れません。

毎年11月の第二日曜の午前中に清凉寺の夕霧祭が行われています


今でも、毎年11月の第二日曜の午前中に清凉寺の夕霧祭(夕霧太夫を偲ぶ祭)が行われており、その時には「太夫道中」(関東では「花魁道中」)が行われています。

昔は、嶋原の太夫は十万石の大名と同じ官位を与えられていました。

2014-08-19_115720

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。