アップルの地図(Apple Maps)のカメラ搭載車が京都を撮影中

アップルの地図(Apple Maps)と書かれたカメラ搭載車が京都市内で撮影中です。2019年5月7日13時16分に北山大橋西詰で、この「Apple Maps」と書かれた白い車を見かけました。

広告

Apple Maps のカメラ搭載車が京都を撮影中


Apple Maps と書かれたカメラ搭載車(北山大橋西詰で撮影)

Apple Maps と書かれたカメラ搭載車(北山大橋西詰で撮影)

アップルの地図(Apple Maps)と書かれたカメラ搭載車が京都に来ています。

Appleの公式発表によれば、2019年4月~10月まで以下の12都道府県で撮影が行われることが公表されていました。

京都でも北部を除く地域がほとんど対象になっており、上の写真は2019年5月7日に「北山大橋西詰」で発見したカメラ搭載車です。

茨城県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府(久世郡, 乙訓郡, 京田辺市, 京都市, 八幡市, 向日市, 城陽市, 宇治市, 木津川市, 相楽郡, 綴喜郡, 長岡京市)
大阪府
兵庫県
奈良県

Apple Maps は360度全方位カメラで街中のイメージを収集している


360度全方位カメラで街中のイメージを収集するApple Maps の撮影車

360度全方位カメラで街中のイメージを収集するApple Maps の撮影車

Apple Maps ではこの車両によるイメージ収集を「地上調査」と称しています。

全方位カメラでの撮影とは言及されていませんが「収集したイメージに含まれる顔やナンバープレートを、公開前にぼかし加工しています」との表記があるので、Google ストリートビューと同等のAR機能を実装するためにデータを収集していると思われました。

実際に撮影を行っている車両の天井部には「360度全方位カメラ」が搭載されています。

また、GPSが車輪部と接続されているので、正確な位置情報収集システムを搭載していると思われました。

撮影は北山大橋西詰エリアで行われていた

撮影は北山大橋西詰エリアで行われていました(2019年5月7日13時16分)。

撮影車は加茂街道の側道を北上し、北山通(北山大橋西詰)で南へ(室町通)戻っていきました。

住所でいうと「京都市北区小山上花ノ木町」を周回していると言えますね。

そのため、ここ数日は京都市内で同様のアップルの地図(Apple Maps)のカメラ搭載車を見かけることがあるかもしれません。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。