【閉店】2019年2月15日新店オープン リユーススタイル千本鞍馬口店

千本鞍馬口にリユースショップ(古着店)が新しく開店していました。2019年2月15日に新店オープンしたばかりの「リユーススタイル千本鞍馬口店」というお店です。大阪、京都、滋賀にあるそうで、京都ではここにしかありません。チラシには「店内商品の8割が100円~300円」と書かれており、安い洋服の取り揃えが1万着ほどあるそうです。

※こちらの店舗は2019年9月30日に閉店しています。

広告

リユーススタイル千本鞍馬口店 2019年2月15日新店オープン


2019年2月に千本鞍馬口で新店オープンした「リユーススタイル」

2019年2月に千本鞍馬口で新店オープンした「リユーススタイル」

鞍馬口通から千本通を北上していたら、新しく開店した古着屋さんがありました。

お店の名前は「リユーススタイル千本鞍馬口店」で、大阪の大日で見たことがあるリユースの洋服を販売するお店です。

他にも滋賀県の滋賀里駅にもあり、今のところ「大阪京都滋賀」にしか3店舗しかありません。

View this post on Instagram

#キッズ#リユーススタイル千本鞍馬口 #古着#保育園着#幼稚園#保育園#さいし#京都#千本鞍馬口 キッズコーナーリニューアルしました(・∀・)ゞ 見やすく!サイズゴトに! わかりにくいわ(´・ ・`)こんなのないかしら(•ө•)色々ご意見下さい! 毎日、沢山商品化していきますので、楽しみにして下さい♡ 因みに……因みに!! 3月末まで大量買いとてもお得になっています⸜( ˙▿˙ )⸝3点→10%off 5点→20%off 10点→30%off!!となっております。 もちろん!店内商品全てが対象となっています。 皆様のご来店心よりお待ちしております!

リユーススタイル千本鞍馬口店さん(@reuse.style01)がシェアした投稿 –

リユーススタイルってどんな店?


千本鞍馬口を上がったところです(リユーススタイル千本鞍馬口店)

千本鞍馬口を上がったところです(リユーススタイル千本鞍馬口店)

店内には古着が並んでおり古着とビンテージを扱うお店となっていました。

ジャンルは「キッズ衣料レディース衣料メンズ衣料服飾品古着」となっていますが、ようするにリユース衣料を扱うお店です。

店内商品の8割が100円~300円という古着屋(リユースショップ)

店内商品の8割が100円~300円という古着屋(リユースショップ)

驚くのは「店内商品の8割が100円~300円」となっていたことです。

メンズの新品か新古品か1000円の冬物もありました

メンズの新品か新古品か1000円の冬物もありました

洋服は普通に購入すると結構な負担になるので、普段着などはこういったリユース品を活用するのも良さそうです。

リユーススタイル千本鞍馬口店 営業情報


リユーススタイル千本鞍馬口店(外観)

リユーススタイル千本鞍馬口店(外観)

ということで、リユーススタイル千本鞍馬口店の営業時間や定休日などの情報を書いておきますので、気になる方は行ってみてください。

営業時間は「10時~19時」で、定休日は「無休」のようでした。

建勲神社の近くで千本通沿いにお店があります。

公共交通機関は京都市バスくらいしかありませんので、お近くの方にお薦めです。ちなみに「千本鞍馬口バス停」すぐ目の前です。

駐車場は店頭にスペースがあり、そこに3台分利用可能だそうです。

営業時間:10時~19時
定休日:無休
公式Instagram:https://www.instagram.com/reuse.style01/

リユーススタイル千本鞍馬口店 SNSの口コミや評判(感想)


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。