kokiさんのインスタグラムで京都「宇治平等院」が紹介される

kokiさんのインスタグラムで京都「宇治平等院」が紹介されていました。2018年7月22日夜に更新された「kokiさん」の公式インスタグラムの背景に「宇治平等院鳳凰堂」と「中村藤吉本店」が映っているので間違いありません。

黒い服にサングラス、スタイルバツグンのモデルさんなのでさぞかし目立ったことでしょう。

広告

kokiさんのインスタグラムで映っている場所は京都・宇治平等院


キムタク(木村拓哉)さんと工藤静香さんの次女で新人モデルの「koki」さんが京都に来たらしい

キムタク(木村拓哉)さんと工藤静香さんの次女で新人モデルの「koki」さんが京都に来たらしい

2018年7月22日に新人モデル「koki」さんが京都へやってきたと話題になりました。

koki」さんは、元SMAPキムタク(木村拓哉)さんと工藤静香さんの次女で新人モデルの女の子です。

国宝級美少女として紹介されるなど話題のモデルさんなのですが、どうやら京都を散策されたようなのです。

Popped in Kyoto✨

Kōki,さん(@kokiofficial_0205)がシェアした投稿 –

夜に更新された公式インスタグラムに掲載された写真は京都のある場所であることはすぐに分かるのですが、よくよく見ると・・・・

宇治平等院鳳凰堂

が背景に映っています。

・宇治平等院鳳凰堂
・中村藤吉本店

背景にチラッとだけ映っているだけなのですが、これは宇治平等院鳳凰堂の写真は権利がうるさいからだと思われます。

中村藤吉本店


真夏の宇治平等院へ向かう参道

真夏の宇治平等院へ向かう参道

宇治平等院へ向かう参道には茶商(宇治茶を売る店)や茶屋(宇治茶が飲める店)があるのですが、その中でも有名な「中村藤吉本店」さんへ行ったようです。

私も観光ツアーの仕事で「中村藤吉本店」さんを利用したことが多々ありますが、和のお屋敷をカフェに改装しており、和庭園を見ながらカフェタイムを過ごせる人気のお店です。

kokiさんの写真は店頭の写真のみですが、宇治で一番人気の茶屋さんなので立ち寄ったのは「中村藤吉本店」さん間違いないでしょう。

昨日は大阪から移動して京都駅に荷物預け、宇治に行ってきました。 今回行きたかった一つ平等院へ。300円課金してお堂の中へ。確かに10円玉の裏だったw お茶屋さんが沢山あってその中でも中村藤吉本店は大人気。甘味処は45分待ちと言うので伊藤久右衛門へ。暑さでヘトヘトだったからお昼休憩。あまり抹茶のスイーツ得意じゃないのに欲張ってパフェ付きのセットにしたけど美味しかったなぁー。茶そば買ってきた そこから、伏見稲荷へ移動。ホントにここは暑かった😱千本鳥居⛩すごかったけどヘトヘトの身体に山道はつらし。途中で降りてきた 夜は、祇園方面へ。錦糸卵のうな丼食べたかったのに予約で満席。もう口がうなぎだったのにぃ。祇園祭り宵山が始まると聞いていたけどあまり祭り感なく最後の最後で、ちょっと見れたよ 夏の京都は、暑さとの闘い! おススメしませんww #京都 #宇治 #中村藤吉本店 #伏見稲荷

alohawaii76さん(@alohawaii76)がシェアした投稿 –

ただ、この「中村藤吉本店」さんですが本当に混んでいて、中で1時間待ちとかもありえます。

予約もできないので、kokiさんでもさすがに並んで入店されたことでしょう。

京都府宇治市宇治壱番 宇治市宇治壱番十番地
営業時間:10時~19時
定休日:不定休
URL:http://www.tokichi.jp/stores/index.html

SNSの口コミや感想

#中村藤吉本店#motcha

蘇愷琳 ❤️🇨🇳さん(@sukailinn)がシェアした投稿 –

やっぱり本場のお抹茶が1番美味しく感じる 〜 !!唯一京都で食べたパフェ .

m a .さん(@0_____731)がシェアした投稿 –


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。