ものや @京都・一乗寺「学生が営むモノの店」2018年7月8日新店オープン

2018年7月8日、京都・一乗寺に「学生が営むモノの店 ものや」さんが新店オープンしています。「工業デザイン」を学んでいる学生さんの経営で、家具照明文房具といったグッズを自分たちでデザインして販売するというコンセプトのお店です。

お店の名前は「ものや」で、週末の休みにだけ営業するというスタイルのお店です。

広告

京都・一乗寺に「学生が営むモノの店」があるらしい


一乗寺にある「とある看板」を見逃しませんでした

一乗寺にある「とある看板」を見逃しませんでした

さて、場所は京都・一乗寺で、2018年7月8日のことですが、一乗寺をブラブラしていたところ、とある看板を見逃しませんでした。

場所は一乗寺駅から西へ、曼殊院通の「ドラッグユタカ 一乗寺店」のお向かいくらいなのですが、そこにとても小さい看板で「ものや」と書かれていたのです。

なんのお店かは、さっぱり不明でしたが「寺岡ビル」となっている建物の左脇に入口があって、そこに看板が掲示されていました。

小さい看板で「ものや」と書かれていました

小さい看板で「ものや」と書かれていました

ものや

たぶん「物屋」のことなので、なんらかしらグッズを販売していると思われたのですが、建物の入口に入っても雑居ビルの入口があるだけです。

駐輪できそうになかったので、ネットで調べてみたところ・・・・

まったくそれらしき情報が見つからなかったのですが、事務所に戻ってから執拗に調査したところ以下のTweetを見つけることができました。

学生さんが週末にだけ経営している「モノ」を売るお店とのことでした。

場所はどうやら、入口入って奥の右にある雑居ビル入口の地下一階だったようなのですが、何も書いていないことから「不法侵入になる可能性」もありえたので確認はできませんでした。

ちなみに、訪問した日(2018年7月8日)が開店日だったみたいです。

ものや アクセス方法


一番おくが住居でガレージになっているので駐輪して入店するのは難しそうでした

一番おくが住居でガレージになっているので駐輪して入店するのは難しそうでした

学生のうちに起業するのは、とても良いことだと思います。

大学生の経営で、自分たちがデザインしたものを売るというコンセプトもメディアで取り上げられやすいように思えました。

できれば商品も見たかったのですが、一乗寺なら行く機会は頻繁にあるので、また今度見てみることにしましょう。

で、場所なのですが、叡電「一乗寺駅」を出て西(右折)して曼殊院通をラーメンストリート方面に歩くと「ドラッグユタカ 一乗寺店」があって、「パルタージュ.七彩」さんの少し手前に雑居ビルがあります。

そこの入口から階段降りて地下一階ということでした。

京都府京都市左京区一乗寺払殿町12−2(地下一階)
営業時間:11時~18時
定休日:土曜日、日曜日
Twitter:https://twitter.com/__monoya__

Twitterの口コミや感想


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。