京都市内で震度5強の地震(2018年6月18日7:58頃)

2018年6月18日の朝7:58頃に大阪と京都で大きな地震がありました。最大震度は大阪府南部で震度6弱、京都でも震度5強となっており、建物は大きく横揺れとなりました。床から突き上げるような小刻みの強い揺れが、たぶん横揺れだと思われます。

内陸の地震なので津波の心配はないと思われます。

広告

2018年6月18日、京都市内で震度5強の地震


京都市内で震度5強の地震(2018年6月18日)

京都市内で震度5強の地震(2018年6月18日)

2018年6月18日7:58頃に京都市を中心に強い地震がありました。

大阪北部で震度6弱
京都府南部で震度5強
マグニチュード6.1

近年まれな強い揺れで、マンションが震えるように小刻みに横揺れし、建物からは大きな音がしました。

時間は5秒程度、小さい揺れから始まり、大きく横揺れが来ました。

特徴的なのは縦揺れなのか横揺れなのか分からないほどの小刻みな地震なのに大きな揺れだったことです。

余震は直後に震度1程度の微揺れで、その後は余震はなく安定しています。

震源地は大阪府北部 M6.1の地震(震源深さ13km、有馬・高槻断層帯)


金閣寺前は曇り、朝から大きな地震がありました

金閣寺前は曇り、朝から大きな地震がありました

地震速報によれば震源地は「大阪府北部」で、震度は13kmとなっていました。

金閣寺界隈でも揺れは大きかったのですが、時間は短くて家屋に被害などは出ていないと思われますが、マンションが崩れるのではという心配はありました。

余震などもなく急に発生した地震なので驚きました。

新幹線は即停止して、線路点検のため3時間止まるそうです。

大阪府高槻市の「有馬・高槻断層帯」による地震とされていますが、高槻市では被害が大きそうです。

京都の地震直後、金閣寺周辺の様子(2018年6月18日朝8時35分)


京都の地震直後、金閣寺周辺の様子(2018年6月18日朝8時35分)

京都の地震直後、金閣寺周辺の様子(2018年6月18日朝8時35分)

京都市北区「金閣寺」エリアは大きく揺れましたが、震度4強くらいだとされていました。

通勤通学の方々は普通に歩いており、特に混乱はありませんでした。

近隣でインタビューしたところ「阪神淡路大震災を経験しているので、それに比べたら」という声が多くありました。

京都市内でも小型飛行機が低空飛行で飛んでおり、政府による状況把握の動きが出ているようでした。

金閣寺のカフェでは額縁が落ちて割れていました

金閣寺のカフェでは額縁が落ちて割れていました

コンビニや商店などに立ち寄ってみたところ、商品が倒壊するなどは発生していませんでした。

金閣寺近くのカフェでは額縁が落ちて割れた程度でした。

京都市北区は地盤が強く、特に鷹峯に近くなるほど地震への耐性が強くなるので、この界隈では地震の被害は少ないと言われています。

震源地の大阪では交通網が全面的に停止するなどしており(地下鉄は10時に運転再開)、今後の動向が気になります。

金閣寺小学校は休校、京都市内でも休校相次ぎ、集団下校の姿も


金閣寺小学校は休校

金閣寺小学校は休校

2018年6月18日の地震の営業で、京都市内の小学校などで休校が相次ぎました。

近くの金閣寺小学校でも「本日休校です」と立て看板が出ており、集団下校する子どもたち(大人同伴)の姿が見られました。

近隣のご家庭でも、今日は子供がもう帰ってくるということで、共稼ぎのご家庭などでは予定が狂うなどの問題もあるようでした。

JR山陰本線では列車が停止「花園駅」では交通ダウン


JR花園駅では運行休止

JR花園駅では運行休止

JR花園駅では地震発生後、4時間以上経過しても列車が停止している状況でした。

駅前のタクシーもあまりにも暇なのか、運転席から降りて運転手さんがボーとされていました。

上の写真はお昼すぎのJR花園駅ですが、電車は微動だにしませんでした。

Twitterで投稿された状況


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。