交通規制だらけの「京都マラソン2018」を見てきました

今年も「京都マラソン2018」が開催しているので、朝早くから京都の金閣寺周辺でマラソンを見て来ました。毎年恒例のマラソンイベントで、参加者は全世界から16000名が集まる一大イベントです。

しかし、その反面では京都市内は交通規制だらけで西大路通などは片側通行になって横断が難しくなります。

広告

京都マラソンのため、取材エリアが交通規制だらけに


京都マラソン2018 当日は通行止めの道が多いです

京都マラソン2018 当日は通行止めの道が多いです

一年というのは早いもので、今年も「京都マラソン 2018」の日がやってきました。

去年は2月17日~18日に「前夜祭」があり、会場で京都グルメなどを楽しんだ記事を書きました。

また、2017年はジャニーズJr.がマラソンに参加していたので一生懸命探したりしたりもしました。

守備範囲の全域がマラソンコース

守備範囲の全域がマラソンコース

さて、今年の「京都マラソン2018」も、我々の守備範囲である京都市右京区と北区を通ります。

西京極の競技場から嵐山駅前を通って、広沢池から一条通を金閣寺方面にというコースになっているため・・・・・

国道162号と西大路通は横断が困難になります

西大路通は片側のみ車両が通れるようになっています

西大路通は片側のみ車両が通れるようになっています

地元民からすると「トンデモイベント」で、嵐山や金閣寺へ行く観光バスも現地に入るのに時間がかかるのです。

そのため、金閣寺周辺の飲食店では・・・・

今日は暇になんだろうなぁ・・・・

意気消沈気味でした。

横断歩道はランナーが途切れるわけがないので長時間待ちます

横断歩道はランナーが途切れるわけがないので長時間待ちます

京都マラソン2018年の写真


京都マラソン2018年(きぬかけの路)

京都マラソン2018年(きぬかけの路)

とはいえ、京都マラソンも一大イベントなので、近隣の商店や飲食店さんの気持ちは横に置いて、マラソンランナーの撮影に行ってきました。

上の写真は「立命館大学正門前」で、きぬかけの道から馬代通に入る所です。

嵐山方面から走ってきたランナーが道を埋め尽くすように走っています。

日本人も外国人も、コスプレイヤーも走るイベントです

日本人も外国人も、コスプレイヤーも走るイベントです

参加者は老若男女、日本人も外国人も、日本全国・・・・いや世界各国からアマチュアランナーが集まっていて、かなり賑やかなイベントです。

こちらの写真も立命館大学前の道です。

奥に見えるのが大学ですね。

京都マラソン2018 まとめ


勝手に激写(笑)

勝手に激写(笑)

ということで「京都マラソン2018」の紹介でした。

朝9時から西京極の運動競技場をスタートしたランナーは、9時30分頃から金閣寺あたりを快走していきました。

総参加者数は16000名と、かなり大規模なマラソンイベントです。

このあとは、北大路通を通って平安神宮までランナーが向かいますので、岡崎周辺も賑わいそうですね。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。