CAFÉ de MIMI @京都・亀岡市 2018年1月17日新店オープン

京都府亀岡市に「CAFÉ de MIMI(カフェ・デ・ミーミー)」という新しいカフェが新店オープン予定になっています。オープンは2018年1月17日予定で、まだオープン準備中になっています。「CAFÉ de MIMIカフェ・デ・ミーミー)」はスイーツを提供するカフェということで、場所はアミティ亀岡の近くです。

店名の「CAFÉ de MIMI」は「かわいらしいカフェ」というフランス語です。

広告

京都府亀岡市に新しいカフェ「CAFÉ de MIMI」が誕生


京都府亀岡市に新しいカフェ「CAFÉ de MIMI」が誕生

京都府亀岡市に新しいカフェ「CAFÉ de MIMI」が誕生

京都府亀岡市に新しいカフェが誕生することになっています。

国道9号の古世口交差点に「CAFÉ de MIMI(カフェ・デ・ミーミー)」というカフェがオープン準備中になっており、スイーツやドリンクなどを提供するお店になるとのことでした。

フランス語で「CAFÉ de MIMI」は「かわいらしいカフェ」という意味で、子犬などを見た時の「かわいい」という感じの可愛らしさです。

CAFÉ de MIMI 建物はかわいらしい感じのお店でした


入口のドアも可愛らしいピンク色

入口のドアも可愛らしいピンク色

入口のドアも可愛らしいピンク色になっており、白木の壁に丸いランプが付いているなど趣味の良さそうなデザインになっていました。

2018年1月6日に放送された『人生の楽園』の舞台に選ばれた「Cafe nouka」さんへスイーツを提供することになっているとのことです。

CAFÉ de MIMI」のある矢田町から「Cafe nouka」のある神前(こうざき)までは結構距離がありますが、車であれば1日で両方訪問ということも可能な距離です。

NPO法人「武道和良久(ぶどうわらく)」の建物「聖了殿」と同じ建物

NPO法人「武道和良久(ぶどうわらく)」の建物「聖了殿」と同じ建物

すぐ隣りというか、建物が連結して隣りに趣きの異なる黒い家屋は、NPO法人「武道和良久(ぶどうわらく)」の建物「聖了殿」となっていました。

最近は、NPO法人がカフェを経営することもあったりするので、その系統かなと思いましたが、田舎のことなので建物だけ共有しているのかもしれません。

CAFÉ de MIMI(カフェ・デ・ミーミー)アクセス


CAFÉ de MIMI(カフェ・デ・ミーミー)

CAFÉ de MIMI(カフェ・デ・ミーミー)

CAFÉ de MIMI(カフェ・デ・ミーミー)さんですが、オープンは「2018年1月17日」ということです。

京都府亀岡市は、町全体の雰囲気としては古い町並みの残った城下町という所で、洒落たカフェって見かけない町です。

この手のお店は、駅前に「ダイコクバーガー」があるくらいかと思いますので、物珍しさでしばらく注目されるかもしれません。

さて、この「CAFÉ de MIMI」さんの場所なのですが、駅からは徒歩20分くらいで「アミティ亀岡」のすぐ近くです。

駅方面からだと、国道9号線の「古世口交差点」を南に信号を渡ったら黒い建物があるので、すぐに分かります。

店舗を見た感じだと、秋本治さんがヤンジャンで連載している漫画『ファインダー -京都女学院物語-』の主人公(女子高生)が立ち寄りそうな感じの建物だなと思いました。

京都府亀岡市 中矢田町岸ノ上32
営業時間:
定休日:


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。