京都で雹(ひょう)が局地的に降りました(2017年12月11日)

2017年12月11日11時24分頃、京都で雹(ひょう)が局地的に降りました。トタン屋根に5ミリ以上の大きさの雹が「タンタンタン」と音をたてていたので写真撮影を試みましたが、降っていたのは1分程度で、すぐに晴れ間が広がったことから雹もすぐに溶けてしまいました。

場所は金閣寺の近くのことですが、12月8日も京都市の北側で降ったようでした。

広告

京都で雹(ひょう)が局地的に降りました(2017年12月11日)


先ほど、京都で「雹(ひょう)」が降りました

先ほど、京都で「雹(ひょう)」が降りました

2017年12月11日11時24分頃京都市内で一時的に「雹(ひょう)」が降っていました。

本日は朝から天気が良かったのですが、11時20分頃から急に空が暗くなり雨が降ってきたのですが、いきなり雨音が強くなって空から大きな氷の塊が落ちてきました。

降っていた時間はわずか1分程度で、雹もすぐ溶けてしまいました。

先日の12月8日にも降っていたという目撃情報もありますが、エリアが限定されていました。

本日の雹もいくつか目撃情報が出ているので間違いではなさそうです。

すぐに外に出ましたが、降りやんでおり雹もすぐに溶けました

すぐに外に出ましたが、降りやんでおり雹もすぐに溶けました

トタン屋根に雹が当たる音がすごくなったので、すぐに外に出て写真撮影を試みましたが、すぐに出たにもかかわらず降りやんでいました。

雹もすでに溶けており、すぐに晴れ間が広がってきたのですが、京都市内に雹を含んだ雲が流れていったので、市内でも雹が見られる場所があるかもしれません。

場所は金閣寺の近くで、その後も晴れ間が広がったり、雨が降ったりと不安定なお天気になりそうです。

京都府京都市北区金閣寺町1

Twitterの口コミや感想


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。