京の冬の味覚「千枚漬け」が2017年は供給不足でピンチに

京の冬の味覚「千枚漬け」がピンチになった原因を解説します。12月8日放送MBS『VOICE』で、京の冬の味覚「千枚漬け」がピンチと報道されたのですが、解説がわかりづらく本当のことが伝わっていませんでした。今年は台風21号とその前の長雨で野菜が高騰しているのですが・・・・

台風が来ると野菜が必ず高騰するわけではないのです。

広告

京の冬の味覚「千枚漬け」がピンチ


今年は「京野菜聖護院かぶら」が不足して「千枚漬け」がピンチに

今年は「京野菜聖護院かぶら」が不足して「千枚漬け」がピンチに

12月8日放送MBS『VOICE』で、京の冬の味覚「千枚漬け」がピンチと報道されました。

これについては、10月23日の本ブログ記事で書いた「野菜高騰」が原因です。

特に、千枚漬けの材料となる「聖護院かぶら」のような根菜が打撃を受けており、昨年よりも入荷量が半減し、仕入れ値が3倍に高騰しています。

・聖護院かぶらが不作
・入荷量半分
・仕入れ値が3倍に高騰
・台風21号が原因だが、その前から長雨だったのが原因

『VOICE』では、台風21号の前に長雨だったからと解説していましたが、これでは本当の原因は伝わりません。

そこで、なぜ今年は台風21号で大きな野菜不足になっているのか解説します。

野菜高騰の本当の原因


不足している京野菜聖護院かぶら

不足している京野菜聖護院かぶら

台風が来ただけでは、さほど野菜は高騰しません。

しかし、今年は台風21号が日本を横断したことによって、野菜の代替地がない状況になったので、全国的に野菜不足になったというのが基本的な理由です。

ただし、他にも原因があるのです。

それは、台風の前に長雨があったからで、これは『VOICE』が取材していた農家さんでも話していました。

報道ではそれだけしか言ってませんでしたが、詳しくいうと「台風の前の長雨で水びたし」だった畑が・・・・

田んぼのようになってしまったのが原因です。

畑が水びたしになると根菜類は全滅します

畑が水びたしになると根菜類は全滅します

・野菜高騰の原因は全国的に台風だったから(代替地がない)
・台風の前から雨が続いていたところで台風が来たので畑が田んぼのようになった
・根菜類が根腐れする
・土の上に実る野菜も台風一過後の日照りで水面に反射した光で茹だってしまう

畑が田んぼのように水びたしになると、台風後に弊害がくるのです。

ひとつは、土の中に実る「根菜類」が根腐れするので、基本的に「聖護院かぶら」のような野菜はダメになります。

さらに、台風一過後に田んぼのようになった畑の水の反射で、太陽光を浴びた野菜(土の上に実るもの)も太陽の熱で煮込まれたようになってしまうのです。

これが、京の冬の味覚「千枚漬け」がピンチになった原因です。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。