フランス料理 エスポワール @京都「高級フレンチフルコース800円」

京都にある高級フレンチフルコース800円のレストラン「フランス料理 エスポワール」が、12月1日放送の『大阪ほんわかテレビ』で紹介されるようです。予告では「京都の高級フレンチフルコース800円」と書かれているのですが、そんな激安店は「フランス料理 エスポワール」だけです。

では、この「フランス料理 エスポワール」とはどんなお店なのでしょうか。

広告

京都にある高級フレンチフルコース800円のレストラン


京都にある高級フレンチフルコース800円のレストランとは

京都にある高級フレンチフルコース800円のレストランとは

2017年12月1日放送の『大阪ほんわかテレビ』で、京都にある「高級フレンチフルコース800円」のレストランが紹介されると予告されています。

予告には「京都の高級フレンチフルコース800円」としか書かれていないのですが、そんな激安フランス料理店は、京都広しといえどもひとつしかありません。

実は、四条通に「フランス料理 エスポワール」というお店があり、そこでは「前菜メインデザート」のセットが800円というビックリ価格で食べることができるのです。

しかし、ここは「予約困難」でさらに「ワケあり」というお店です。

では、この「フランス料理 エスポワール」さんとはどんなレストランなのでしょうか。

フランス料理 エスポワール


京都にある「フランス料理 エスポワール」さんの外観

京都にある「フランス料理 エスポワール」さんの外観

ということで、上の写真が京都にある「フランス料理 エスポワール」さんの写真です。

まるでフランス料理店には見えませんが、だから「ワケあり」なのです。

実は、こちらは「京都調理師専門学校」という料理学校で、そこの学生さんが実習のためにフランス料理店を運営しているので「高級フレンチフルコース」が800円という激安価格で提供できるのです。

しかし、ものすごい人気で予約困難であることから、ここはなかなか予約ができません。

「フランス料理 エスポワール」の予約方法は「京都調理師専門学校」の予約ページ(以下のURL)を利用してネット上から申し込みができます。

ただし、すでに2017年12月と2018年1月は「予約完売」となっています。

営業時間:12時~13:45、17時~18:45
定休日:
URL:http://www.kyoto-chorishi.ac.jp/restaurant/fra/

京都調理師専門学校


京都調理師専門学校 外観

京都調理師専門学校 外観

「京都調理師専門学校」さんの場所は、阪急京都線「大宮駅」から徒歩7分ほどの所にあります。

駅を出て四条通を西(左)へ行くと、JR山陰本線の高架下手前くらいの右側に白いビルがあります。

もちろん、予約が取れてからでなければ入ることができません。

駐車場などはなく、公共交通機関を使って行くことになりますが、交差点の南北を走る細い道(千本通)を信号南に入ると、すぐ左側にコインパーキングがあります。

京都府京都市中京区壬生御所ノ内町
URL:http://www.kyoto-chorishi.ac.jp/

Twitterの口コミや感想

大阪ほんわかテレビ 12月1日 予告


大阪ほんわかテレビ 12月1日 予告は以下の通りです。

高級フレンチが800円!500円の〇〇式!?大量の野菜を無料で配達!?いま話題の激安ワケあり(秘)サービスSP▽大ヒット!女性が殺到するミナミの人気DIY店!
超激安!ワケあり(秘)サービス大特集! ▽大量の野菜が「無料」で届く! ▽京都の高級フレンチフルコース800円! ▽数十万円する〇〇式が500円!? ▽話題沸騰!神戸の「ハゲ割」サービスとは? 衝撃の激安サービス目白押し!!


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



「大阪ほんわかテレビ」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。