【艦これ】プロ提督ってなに?

Sponsored Link

世の中には「プロ提督」というのがいるそうです。これはいったいなんなのでしょうか?

どうやら、新しいお仕事のようですよ。


上のtweetのキャプチャ

DMMのログイン障害で荒ぶる提督たち


2014-08-09_020605

「艦これ」の先日のログイン不具合でDMMのログインサーバで問題があった件ですが、その後にゲーム中の不具合もあって、運営に補償を要求するユーザーが多発して、「前はこんなことなかった」と古参のユーザーが嘆いたりといろいろあるみたいです。

障害があったら、そりゃ補填してもらいたいでしょうし、どっちが悪いという話でもないのですが、その中で気になるTweetがあったのが「プロ提督」という話でした。

プロ提督ってなんだ?


2014-08-11_150410

「プロ提督」ってなんやねん?

という話なのですが、プロにスポンサーがいるように、ゲームのプロにもスポンサーがいるという話です。

該当Tweetを発した「ニコ生艦これ最強最大生主 @PP_kingu」を見てみると、ゲーム動画を生中継してリスナーから寄付らしきものや援助物資をもらっているようです。なるほど、それで「プロ」なのか。


上のtweetのキャプチャ


上のtweetのキャプチャ

これは確実にプロです(自営業登録を忘れずに)


2014-08-11_150522

内容はともかくとして、仕事として成り立っているという不思議です。

これはもう、確実に「プロ」です。でも、世間ではこの上に「自称」って言葉を付けられてしまいますが。

なお、自営業登録して、きちんと確定申告していなければ、「プロ」ではありませんのでご注意ください。

自営業登録は非常に簡単に出来ます。確定申告の仕分けが面倒ですが、カンパ品の市販価格を参考にして青色申告するしかありません。とにかく、Amazon金券は収入と税務署は見ます。(このブログのアドセンス収入も、確定申告のために帳票つけています)

ま、請求書や領収書を発行してないでしょうから、そこはまぁソレなんですが(笑)

年商1000万円で消費税の納入が必要になります


あと、気おつけなければならないのは、年間で1000万円を超えると「消費税」を消費者に代わって納める義務が発生します。

ま、これは内税方式にするしかありません。

なお、自営業でも登記から2年間は消費税の納税義務が免除されます。2年後に法人化すれば、さらに2年間の消費税納税義務が免除になります。制度をうまく使いましょう。

Sponsored Link


蔵出し写真館 百川晴香6

ビジネス課題は盛りだくさん


2014-08-11_150952

ただ、「その仕事儲かるん?」というビジネス課題はありますね

また、物品支払を継続するなら、事務所として「倉庫」を税務署に新設申告しなければなりません(これも申請は簡単です)。事業化するなら自宅での物品管理には限界があります。


上のtweetのキャプチャ

この「働く」ってのは、普通にどこかでアルバイトでもするということなのか分かりませんが、プロらしからぬ発言にも見えます。

それとも、今の提督業を頑張るということでしょうか?

また、借金は「投資」という意味でしょうか?

立ち位置の説明と文章が明確ではないので、誤解が生じているような気もします。

さて、世の中、仕事ってたくさんあるんだなぁと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、仕事ってこんなもんです(笑)

社員やバイトだけが仕事じゃないし、起業にだって様々な収益化方法があります。

現金での収益化を考えるべき(当たり前)


2014-08-11_150603

問題は、現物支給やアマゾン券ばかりで現金収入がないことですね。ビジネスとしてはイマイチなのかもしれません。


上のtweetのキャプチャ

途中でいろいろと批判があったのかキレちゃいました。自営業って大変ですよね。わかります。

なお、「プロ」だろうが「アマチュア」だろうが、運営に補填を要求することに違いはありません。運営に「俺はプロなんだ」と言ったところで、そんなこと関係ないからです。

プロなら、規約見て落ち度を探して訴えるのが正しいプロのあり方です(笑)

その他の「DMM関連記事」はこちらです。

Sponsored Link


ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ [ 庵野秀明 ]

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。