Javascriptで要素のCSSを取得して表示

Sponsored Link


動作概要


idを指定した要素のCSSプロパティを表示するJavascript。

実行結果


250x250 image

プログラムコード

<img src="../img/250x250.jpg" id="img" title="250x250 image" alt="250x250 image">
<script>
var element = document.getElementById('img');
var style = (element.currentStyle || document.defaultView.getComputedStyle(element, ''));
document.write('margin: '+style.margin+'<br>');
document.write('border: '+style.border+'<br>');
document.write('padding: '+style.padding+'<br>');
document.write('width: '+style.width+'<br>');
document.write('height: '+style.height+'<br>');
document.write('max-width: '+style.maxWidth+'<br>');
document.write('max-height: '+style.maxHeight+'<br>');
</script>
Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。