IEのバージョンベクタ記述例

Sponsored Link


バージョン ベクタとは


ブラウザの起動時にレジストリ キーに格納されている、Windows Internet Explorer の内部バージョン番号をチェックするためにHTMLに記述できる条件分岐構文です。

MSDNの解説

使い方


下記をHTMLに組み込むことで、IEのバージョンによって出力文字列が変わることが確認できます。

ただし、IE10以上のモダンブラウザでは「Internet Explore のアップレベルバージョンを使用していません」というメッセージが必ず出る仕様となっています。「開発者ツール」のIE8エミュレーションなどでは正常動作します。

IE11だと正常に動作しないようになりました。「開発者ツール」のIE8エミュレーションでも動作しなくなっているようで、完全にバージョンベクタが廃止されたことがわかります。

<!--[if gte IE 9]><p>IE9以上を使用しています。</p><![endif]-->
<!--[if IE]><p>Internet Explorer を使用しています。</p><![endif]-->
<![if !IE]><p>Internet Explorer のアップレベルバージョンを使用していません。</p><![endif]>
<!--[if IE 8]><p>Internet Explorer 8 へようこそ。</p><![endif]-->
<!--[if !(IE 8)]><p>Internet Explorer 8 を使用していません。</p><![endif]-->
<!--[if gte IE 7]><p>IE 7 以上を使用しています。</p><![endif]-->
<!--[if (IE 5)]><p>IE 5 (任意のバージョン) を使用しています。</p><![endif]-->
<!--[if (gte IE 5.5)&(lt IE 7)]><p>IE 5.5 または IE 6 を使用しています。</p><![endif]-->
<!--[if lt IE 5.5]><p>Internet Explorer のバージョンをアップグレードしてください。</p><![endif]-->
<!--[if true]><em>アップレベル</em> ブラウザを使用しています。<![endif]-->
<!--[if false]><em>ダウンレベル</em> ブラウザを使用しています。<![endif]-->
<!--[if true]><![if IE 7]><p>このネストされたコマンドは IE 7 で表示されます。</p><![endif]><![endif]-->
Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。