【コスパ良】MSI 11.6タブレット「S20 4M-033JP」が59800円でヨドバシカメラ専用機として発売される

Sponsored Link

以前レビューした「Acer Aspire P3-171」よりスペックが良い感じの11.6インチタブレットがMSIより発売になりました。

価格は59800円で、日本ではヨドバシカメラ専用機として販売されています。「Acer Aspire P3-171」より1万円ほど高いですが、スペック見れば納得します。

性能と値段のコスパは良いし、かゆいところに手が届く仕様になっています。

five_pictures7_2742_20140401094509

【比較レビュー】Amazon限定モデル MSI S20(4MSLIDER2-040JP)

【実機レビュー】MSI S20(4MSLIDER2-040JP)アマゾン限定モデルを早速使ってみました

お買い得と思うところ


USBx2がともかく嬉しい仕様です。1個だけだとハブつけないといけないし、付けると遅いし。できれば、マウス用とUSBメモリ用で2つあると便利です。

カードスロットもあるので、外部メモリの追加がここでもできるので容量不足には悩まされないと思います。

メモリ4GBもうれしいです。2GBだと、複数作業がちょっと多くなるとメモリ不足で悩まされます。

128GBSSD搭載でこの値段なのもポイントです。

あとは、解像度がフルHDであることも嬉しい仕様です。ネット見るにしても、プログラムするにしても1366x768だと若干狭いのです。

「スライド式」というのがポイントで、これ意外と簡単にキーボードにアクセスできるので便利です。以前、VAIOが何種類かで採用していました。

実機写真


タブレット状態
five_pictures2_2742_20140331134635

ノートパソコン状態
five_pictures4_2742_20140331134635

MSI S20 4M-033JP 詳細仕様


スペックはポイント抑えています。

気になるところは太字にしました。

OS Windows 8.1 with Bing
CPU Pentium 3558U(1.7GHz、2コア)
VGA インテル HD グラフィックス
RAM 4GB
ストレージ 128GB SSD(mSATA)
解像度 11.6インチ フルHD(1920×1080)、IPS、190dpi、10点マルチタッチ
カメラ 前面1.0MP
USB USB 3.0×2
Bluetooth Bluetooth 4.0
外部モニタ mini HDMI
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
有線LAN ギガビット有線LAN
カードスロット 2 in 1 (SD/MMC)
サウンド THX TruStudio Pro
サイズ 300×196.5×19.8(mm)
重量 約1,160g
ヘッドフォン端子 ステレオ端子(マイク対応)
バッテリー 3,900mAh(6時間程度)

在庫僅少ということですが、ヨドバシカメラで販売しています。

MSI公式
http://jp.msi.com/product/nb/S20.html#hero-overview

ヨドバシカメラ販売ページ
http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001002360579/index.html

なんか、もうヤフオクで転売してる連中がいました。

↓ 今は8インチタブレットもだいぶ安くなってます。

Sponsored Link


Acer ICONIA W4-820/FP (Atom Z3740/2G/64G eMMC/8.0/Win8.1(32)/OFL2013) W4-820/FP

【比較レビュー】Amazon限定モデル MSI S20(4MSLIDER2-040JP)

Sponsored Link


【Amazon.co.jp限定】 MSI Sシリーズ スライダーPC S20 ブラック (11.6インチ IPS液晶1920×1080 10点マルチタッチ対応 /Intel Celeron 2957U/4GB/128GB SSD/Win8.1) コンバーチブル ノートPC S20 4MSLIDER2-040JP

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。