一か月の電気代が2500円に!パソコンと電気ケトルは結構節電可能

Sponsored Link

オスミツキ編集部IT担当です。今日は個人的な電気利用料のお話です。

みなさん、独身男性がワンルームで生活していた場合の一か月の電気利用料っていくらくらいになるかわかりますか?

独身男性ワンルームでの一か月の電気料金


M_-flooring

私の場合ですが、電気製品はこうなっています。これを一部24時間利用にして半年ほど検証してきました。24時間つけっぱなしにした電気製品は特に日々で利用時間が異なるものだけです。また、パソコンと冷蔵庫と温水便座だけは普通に24時間稼働です。

・デスクトップパソコン (24h)
・モニタ1台 (24h)
・照明(非LED) (24h)
・冷蔵庫 (24h)
・電子レンジ
・電気ケトル
・電気プレート
・温水便座 (24h)
・電気炊飯器
・電気毛布

※うちにはありませんが、ほかにあるとすれば「テレビ」と「洗濯機」でしょう。

これで一か月の電気料金は高い時で6000円
安い時で4000円です。

そして、2014年6月は「2593円」(109kWh)になりました。どうして、ここまで安くなったのでしょう?

パソコンをデスクトップからタブレットに変えると1000円ほど安くなる


2013-12-05_034553

デスクトップパソコンは「i7 2600」で電源ファンがブンブン回って、暖房いらないくらい使っていました。

これを「Acer Aspire P3 P3-171-N32Q」というウルトラブック変更してから毎月1000円ほど安くなりました。電源ファンもありませんし、本体が熱をほとんど持たなくなりました。

デスクトップパソコン 毎月2000円
ウルトラブック 毎月1000円

そんなもん? と思われるかもしれませんが、半分の使用量になりました。

これだけで、だいたい毎月5000円以上だった電気料金が4000円台になることが多くなりました。

冬場は電気料金が高くなる傾向にある


今は7月ですが、電気料金は6月分で2593円。5月は3775円でした。

電気料金
6月 2593円
5月 3775円
4月 4128円
3月 6417円
1月 6292円
12月 4546円

3月が高いのですが、これは夏場と冬場で変わる傾向にあります。


夏場 3000~5000円程度
冬場 5000~6000円程度

これは、先ほどの家電一覧で見ると・・・

・デスクトップパソコン (24h)
・モニタ1台 (24h)
・照明(非LED) (24h)
冷蔵庫 (24h)
・電子レンジ
電気ケトル
・電気プレート
温水便座 (24h)
・電気炊飯器
電気毛布

赤色の文字は「夏に増加」し「冬に低下」する傾向にあり
青色の文字は「冬に増加」し「夏に低下」する傾向にあります。

この中でも特に「電気ケトル」と「電気毛布」はまったく使わなくなります。温かい飲み物も毛布も夏になると使わなくなるからです。これで2000円近く電気料金が減少します。

特にこの傾向は顕著で4月以降の電気料金に反映されています。

電気料金
6月 2593円
5月 3775円
4月 4128円
3月 6417円
1月 6292円
12月 4546円

パソコンで-1000円、暖房関係で-2000円


先ほどの夏場と冬場の電気料金では高低差で約3000円ありました。


夏場 3000~5000円程度
冬場 5000~6000円程度

これはちょうどパソコンで-1000円と暖房関係で-2000円の合計3000円の違いに一致します。

節電のポイントは「電気ケトル」


Sponsored Link


電気ケトル コードレス イルミネーション 1.5リットル 大容量 KH-DK05GR

こう見ると、節電のポイントは・・・

・パソコン
・電気ケトル
・温水便座
・電気毛布

に絞られてきます。

ただし、「電気毛布」は1日7時間一か月でも200円程度なのです。
そして、「温水便座」も一か月で300~500円程度だといわれています。

こうみると、1500円くらいは「電気ケトル」が使っていることになります。

冬場は1日で5回はお湯を沸かす運用でしたが、これが4月以降はほぼなくなりました。

これが大きな要因のようです。

6月に電気料金が2593円になったのはなぜか?


6月は5月に比べて電気料金が-1200円ほど安くなりました。

電気料金
6月 2593円
5月 3775円
4月 4128円
3月 6417円
1月 6292円
12月 4546円

実は、わたしは5月まで「電気毛布」を毎日使っていました。これが6月から暑くなって押入れにしまいました。これで200円は確実に節約できています。

それに加えて4月以降で「温水便座」を「高→低」に変更しました。これでも200円近く安くなります。

2014-07-07_142817

それでも800円は他で節約しているはずですが、それが「電気ケトル」に該当すると思われます。

電気ケトルが一番高い


Sponsored Link


電気ケトル コードレス イルミネーション 1.5リットル 大容量 KH-DK05GR

暑くなってきて、毎月1500円くらい使っていた「電気ケトル」の使用料が「800円」くらいになっています。

ちなみに、「電気ケトル」は6月は実証のために週に2回だけ沸かしていました。

5月以前はコーヒー飲んだりを毎日しているたので、1日で数回使っていました。

ということは月8回で700円だから、電気ケトル1回で100円近くかかることになります。

インターネットで検索すると、「電気ケトル」1回で1.5円程度だからお得だと言われています。しかし、これまでの経験でも「電気ケトル」がかなり電気使用量が多いのは感じています。今までの経験上、決してそんな値段では沸かせていません。

今回の実験では、電気ケトルを使わないだけで、1500円は節約できることになります。

また、ある家計評論家も「電気ケトルが一番高い」と言っていたのをテレビで見たことがあります。

こう見ると、本当に電気ケトルって安いの?
という疑問がわきます。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。