【実機レビュー】MSI S20(4MSLIDER2-040JP)アマゾン限定モデルを早速使ってみました

Sponsored Link

4/27に比較レビューしたMSI S20(Amazon限定モデル、4MSLIDER2-040JP)が5/1発売となり、5/4お昼に届きました。以前のヨドバシ限定モデル「MSI S20」よりも1万円安くなって、CPUが「Pentium 3558U」→「Celeron 2957U」になった以外に変更はありませんが、早速実機レビューしてみます。

なお、「Acer Aspire P3-171」からの乗り換えなので、「Acer Aspire P3-171」と「MSI S20」の比較もします。(Acer Aspire P3-171については、こちらをご覧ください。

Sponsored Link


【Amazon.co.jp限定】 MSI Sシリーズ スライダーPC S20 ブラック (11.6インチ IPS液晶1920×1080 10点マルチタッチ対応 /Intel Celeron 2957U/4GB/128GB SSD/Win8.1) コンバーチブル ノートPC S20 4MSLIDER2-040JP

記事の内容

MSI S20(4MSLIDER2-040JP)アマゾン限定モデルが届く


2015-05-04_203628

5/1発売でしたが、届いたのは5/4でした。

MSI的なチープな白い箱に入っていました。

2015-05-04_203936

2015-05-04_204020

中身はいたってシンプルでした。ただし、「リカバリーディスク」は入っていません。これは、最近流行りのアレですね。

本体
ACアダプタ
コード
ドライバ&ユーティリティディスク

昨年発売のヨドバシカメラモデルと違って「MSI純正カバー」は付属していませんでした。

まず「ベンチマーク」を見ました


MSI

上のベンチが「MSI S20」です。

SSDは「KINGSTON SMSM151S3128GD」という型番のものでした。

実は、旧PC「Acer Aspire P3-171」のベンチマークより数値が下がっていました。

ただし、全体的なパフォーマンスはメモリ2GBから4GBになったことで、体感速度がかなり向上しているので、SSDの性能については考慮しなくても良いと思われます。

Acer

上のベンチは旧PC「Acer Aspire P3-171」です。

「Acer Aspire P3-171」のSSDは、参考までに「TOSHIBA THNSNH128GMCT」という型番でした。

MSI S20 と Acer Aspire P3-171 の大きさはほぼ同じ


2015-05-04_204354

これまで使っていた「Acer Aspire P3-171」(左)と並べてみました。

黒い方が「MSI S20」です。

2015-05-04_204739

全体的な大きさは変わらないですが、厚みはやや「MSI S20」の方が厚みがあります。上が「MSI S20」です。

2015-05-05_224015

「Acer Aspire P3-171」はキーボードを除いた状態(本体のみ)であれば、厚さは半分くらいです。

「MSI S20」はタブレットとして持ち歩くには、激しく厚いと考えていただいて良いと思います。

スライド式キーボードとはなにか


2015-05-07_000331

「MSI S20」では「スライド式キーボード」が搭載されています。これは、どのようなものなのでしょうか?

2015-05-07_000642

液晶をスライドさせると、キーボードが登場します。

これ、かなり固いので、力がいりますし、本体をおさえながら、片手で液晶をスライドさせる必要があります。

また、広いデスク上で作業する必要もあります。

2015-05-07_000532

スライドさせた状態で、液晶を起こします。

これも結構固いです。

2015-05-07_000813

固いので、どこの位置でも止まります。

「MSI S20」のキーボードは押しやすいが打ちづらい


2015-05-04_204929

「Acer Aspire P3-171」のキーボードは横幅が結構あるので、その点では打ちやすいのですが、キーの高さがないため、押しづらいキーボードでした。

2015-05-04_204908

「MSI S20」のキーボードは高さがまだあるので押しやすいです。

ただし、キーボードの横幅が若干狭いため、キーひとつひとつが小さくなっています。

そのため、外周付近にある「Ctrl」キーなどが押しづらい感じがしました。

「MSI S20」はファンクションキーが独立しておりGood!


2015-05-04_205555

「MSI S20」のキーボードの良いところは、ファンクションキーが独立したフルキーボードと同じ仕様であることです。

これは非常に重要で、漢字変換中にカタカナを打ちたい時などに大変役立ちます。今まで不満な点だったので助かります。

また、「DEL」キーがある(普通はある)のが良いです。

「Acer Aspire P3-171」(左)には「DEL」キーが単独でなくて、たまに面倒なことがありました。

ノートパソコンを買う時は、ファンクションキーとDELキーを見た方がいいです。

「MSI S20」のキーボードは直付けなのがGood!


2015-05-04_210822

「MSI S20」のキーボードは本体と直付けです。つまり、Bluetoothではありません。

「Acer Aspire P3-171」はBluetoothキーボードだったので、起動してすぐに使えないとか、ペアリングするのが面倒とか、充電コードで本体と接続しないと充電できないという大デメリットがありました。

直付け万歳!

Bluetoothキーボードは反応遅いのでやめたほうが良いと思います。キーボードはUSB無線式の方が、まだ圧倒的に速いです。

「MSI S20」には、USB3.0が2つあるのがGood!


2015-05-04_210043

今回の購入動機のひとつにもなった「USB3.0」が2つ付いているのも見逃せません。

これも大事で、USBがひとつだけだと、USB無線キーボード&マウスのレシーバーと外部HDDやUSBメモリを同時に接続するのに、USBハブが必要になります。

さらに、USBハブ経由で、USBハードディスクとUSB無線キーボード&マウスのレシーバーを同時使用すると、キーボードが大遅延するという大問題が、USBがひとつしかない「Acer Aspire P3-171」でありました。

その大問題が「MSI S20」では発生していないので、これは大変助かります。ありがとうございます、ほんとありがとうございます。

2015-05-04_210546

USB無線キーボード&マウスのレシーバーは、手前の端子に接続しました。キーボードと近い方が反応が良いからです。

「MSI S20」には、SDカードが付けられるのがGood!


2015-05-04_211449

SSDのパーティションを分けるのは面倒です。

しかし、私は頻繁にリカバリーをするので、通常使うアプリは、Cドライブ以外に入れて使わないと、これもまた面倒です。

そこで、USBメモリかSDカードにアプリを入れておきたいわけですが、USB3.0がひとつだけでSDカードスロットもないというのが、前に使っていた「Acer Aspire P3-171」の仕様でした。

そのため、USBハブを使うしかないのが不満でした。

「MSI S20」には、SDカードが付けられるので、SDカードを別ドライブにして、そこに通常使うアプリを入れておけるようになりました。

有線LANスロットがあるのは意外


2015-05-04_212026

「MSI S20」には、有線LANスロットがあります。

昔のノートパソコンにはありましたが、最近でもそうなのでしょうか。

まさか、対戦型オンラインゲームでディレイの差で負けるとかで有線LANを使うユーザーは、こんなパソコンでゲームしませんし、今どきのビジネスホテルも無線LANでしょう。

しかし、あえてド田舎のビジネスホテルに出張で行ってしまった時でも困らない仕様になっているというわけです。

この辺にMSIの愛を感じます。

いらないアプリがいくつか存在


2015-05-04_212539

Acerもそうですが、MSIもよく分からない(外国人的発想)のアプリがついていることがあります。

それが「msi Boot Configure」で、起動時にいきなり起動します。

これは起動時に「デスクトップモード」にするか「スマートスクリーンモード」にするかとか、IEを使うかChromeを使うかを事前に設定できるアプリです。

しかし、この機能を使って「クローム(chrome)」を導入しないでください。

すでにアカウントを持っている場合など、ブックマークの同期がされませんでした。通常なら、Chromeを起動すると「クロームへのログイン」画面が出るのですが、その画面ではなく別のログイン画面が出たからです。まぁ、Chromeの一番右上の灰色背景の部分をクリックするとクロームログインができます。

MSI S20 の液晶は白色灯的な色合いで表示される


2015-05-04_212754

上の写真を見てもわからないと思いますが、MSI S20 の液晶は少し黄色がかった感じの色合いになります。

この辺は明るさの調整で好みもあるのでしょうけど、前の「Acer Aspire P3-171」はLEDのフロントランプかってくらい明るかったので、見た目はだいぶ異なります。

「SCM」という付属アプリやファンクションキーで画面の明るさ設定ができますが、「SCM」はうまく機能していないようで、またファンクションキーでの設定でも最大にしても「暗いかな」という印象でした。

ただ、「Acer Aspire P3-171」は淡い色なんかが分からなくなるくらい明るく表示されるので、Web制作やイラスト制作をする人には向かない液晶でした。今回の「MSI S20」の暗さは、そういうことはなく色の違いはわかりやすいです。

その点でいえば、MSI S20 の液晶は色が再現できており良いと思いました。

MSI S20に外部ディスプレイをつなぐ(HDMI MINIポート)


2015-05-04_213249

外部ディスプレイに接続しようとしたら、HDMIポートが大きさ違いました。

いえ、そもそもこれまで使っていた「Acer Aspire P3-171」が、なぜか「マイクロHDMI」だったという「おまえはスマホか!」という仕様だったのがいけないのですが、接続できるコードがないので、コードを買う必要がありました。

2015-05-04_213512

家電量販店だとHDMIケーブルって高いんですよ・・・・1メートルで2000円もしました。

2015-05-04_213533

MSI S20に外部ディスプレイをつなぐ時は「HDMI MINIポート」用ケーブルを買うという話ですね。

Sponsored Link


ten10 100% 保障 HDMI ケーブル 1m typeA-typeA mini HDMI & micro HDMI 変換 コネクタ セット

上の商品がMINIポート対応です。また、変換アダプタでMicroポートにも対応できる商品です。

MSI S20にはリカバリーディスクが付いていない


2015-05-04_213817

デスクトップに「BurnRecovery」というショートカットがあるのですが、それがリカバリディスク作成ソフトです。

ただ、さすが外国製品という感じで不親切な設計でした。

DVD-Rを3枚使うのですが、1枚焼くごとに、上の写真にある「イメージ書き込みツール」を「キャンセル」で終わらせて、2枚目を焼くという仕様になっていました。

そのため、1枚目のディスクを3枚も焼いてしまいました。

2015-05-04_214159

この画面が1枚ごとに焼き終わったら表示されて欲しいです。

なお、USBメモリにリカバリディスク作ったほうが、早くて良いと思います。8.6GBあればいいので16GBのUSBメモリが必要です。税込送料込みで718円で購入しました。

Sponsored Link


送料無料 USBメモリ 64GB 東芝 TOSHIBA USB3.0 パッケージ品 02P07Feb16

一度作っておけば、USBメモリでのシステムリカバリは、ファイルコピーが5分程度で完了するので、非常に爆速です。

実際にリカバリする様子は、以下の記事からご覧ください。

MSI S20のシステムリカバリ方法(USBメモリ使用)

外部ディスプレイでの文字表示がボヤけているのを直す方法


2015-05-04_214403

さて、外部ディスプレイを接続して表示させたところ、外部ディスプレイが妙に文字が小さくてボヤけていました。

ディスプレイの解像度があっていない時のような画面です。

もっとわかりやすくいうと「MATROX から S3のビデオカードに変えた時の衝撃」と同じくらいボケて表示されました。(余計わかりづらい)

この外部ディスプレイでぼやける現象は発生しない場合もあります。実際に、システムリカバリ後に外部ディスプレイを接続して、またぼやけるかと思ったら、まったくぼやけませんでした。Windows8.1導入時の状況で設定が異なっている場合があるからです。

根本的な原因は、テキストサイズがWindows8.1の設定で以下のようになっているからです。

2015-05-04_195719

これは、Windows8にはなく、8.1からの機能です。

どうやら、外部ディスプレイの調整をWindows8.1が正常にできていないようです。これを直すにはコンパネで設定を変更する必要があります。

このモードだと、大きくしても小さくしても、外部ディスプレイは綺麗に表示されません。

2015-05-04_200200

なので、下にある「すべてのディスプレイで同じ拡大率を使用する」にチェックを入れると・・・・。

2015-05-04_200332

設定画面がかわりますので、これで設定すると、外部ディスプレイでも正常に表示されます。

なお、100%にすると、本体の液晶ディスプレイの表示が普通に「1920x1080」モードで表示されるので、文字が小さくなって見づらくなります。外部ディスプレイを接続しないなら、125%がオススメです。

2015-05-04_215832

もし、これでぼやけるのが治らない場合は、一度システムリカバリを試してください。

MSI S20ならメモリが4GBに増えて作業遅延がなくなります


2015-04-27_220442

今回の記事の前に書いた「比較レビュー」では、「Acer Aspire P3-171」と「MSI S20」のスペックの違いを書いていました。

CPUが、「Core i3 3229Y」→「Celeron 2957U」になっていますが、これ能力はほぼ変わりません。

今回の一番大きいメリット「メモリが4GBで倍になった」ことです。

2GBだと、ブラウザ5タブくらい開くと、メモリ不足に陥ります。

その際に発生するのが「IMEでの漢字変換の遅延」です。

2GBメモリのパソコンは遅延が激しいので、今回4GBに増えたことで、文字入力がだいぶ楽になりました。

【比較レビュー】Amazon限定モデル MSI S20(4MSLIDER2-040JP)

MSI S20だと「Bluetooth」のヘッドフォンで音質が上がった件


2015-05-04_225926

今回、まったく期待していなかったのですが、「Bluetooth」のドライバが変わったためか、「Bluetooth」ヘッドフォンの音質が良くなっていました。

「Bluetooth」のヘッドフォンというのは非常に難しくて、ヘッドフォン自体の品質以上に、パソコン本体の「Bluetooth」のドライバに依存します。

よく、「Bluetooth」のヘッドフォンの音質で意見が分かれていますが、これはもうパソコン本体の問題なのです。

「Acer Aspire P3-171」だと、ヘッドフォンとヘッドセットのプリセットがなくて、音質がヘッドセットレベルでした。

MSI S20だと「Bluetooth」のヘッドフォンとヘッドセットが区別されて音質が上がって、以前よりだいぶマシになりました。

MSI S20(4MSLIDER2-040JP)アマゾン限定モデル まとめ


Sponsored Link


【Amazon.co.jp限定】 MSI Sシリーズ スライダーPC S20 ブラック (11.6インチ IPS液晶1920×1080 10点マルチタッチ対応 /Intel Celeron 2957U/4GB/128GB SSD/Win8.1) コンバーチブル ノートPC S20 4MSLIDER2-040JP

これまで使っていた「Acer Aspire P3-171」の不満点が、だいぶ解消されました。

・メモリ2GBで起動時空き500MBなのでモッサリする
・USB3.0が1個でUSBバス必須(USB無線キーボードとUSBメモリ)
・SDなどのメモリカードスロットがない
・解像度が1366x768で若干狭い

メモリは4GBで全体的なパフォーマンスが良くなった
IMEでの漢字変換時の遅延がなくなった(メモリ増加のため)
USB3.0は2箇所
メモリスロット1箇所
フルHD(1920×1080)
ファンクションキーとDELキーが単独であるのが嬉しい

事前の記事で、予測していた内容ですが、メモリが2GBから4GBになったこととUSB3.0が2つあることは、作業効率に大きく貢献しているといえます。

メモリ2GBだと、ブラウザのタブを閉じるだけでもモッサリするのですが、4GBだとサクッと閉じられます。

Sponsored Link



3Dゲームの起動は期待できないレベル


Sponsored Link


Grand Theft Auto IV (日本語版) [ダウンロード]

「Grand Theft Auto IV」という3Dビデオカードが必要そうなゲームがあります。

ダウンロード版で1980円程度なので、テスト用に買ってみましたが、メモリが2GBの「Acer Aspire P3-171」では「スペック不足」というアラートが表示されて起動できませんでした。

「Amazon限定モデル MSI S20」ではアラートは出ないものの、ロードに時間がかかるのか始まるまで待ちきれませんでした(笑)

追記:amazonレビューを見ると、多くの方が起動できないなどのトラブルをかかえています。ソフトウェア自体に問題がありそうです。

ウイルス対策ソフトは別の軽いものに変更


MSI S20に初期導入されているウイルス対策ソフトは、やや重いです。また、期間限定利用なので、これを機に定評のウイルス対策ソフトを導入した方が良いでしょう。

Sponsored Link



オススメなのが、有料ですが、今一番軽く、一番強固だと定番になっている「ESET パーソナル セキュリティ」がおすすめです。(大変お安いです)

2015年8月31日までWindows10発売記念で「ESET パーソナル セキュリティ」の3年分が3240円(税込)でダウンロード販売されています。

できれば、スマホ用でも使えるように5台ライセンスのファミリー版が良いでしょう。値段も少し高いだけです。

最近のウイルス対策ソフトでは一番強力かつ一番軽い定番ソフトです。

こちらでダウンロード販売しています。

Amazon限定モデル MSI S20の液晶保護シートは何を買えば良い?


「Amazon限定モデル MSI S20」は構造上、液晶が常に表面にありますので、液晶は保護しておく方が無難です。

11.6インチのものであれば使えます。ただ、前面パネルをすべて覆うものは少なく、表示部分のみ保護するものがほとんどです。

以下「ノングレア」タイプのものです(反射防止)

Sponsored Link


サンワサプライ 液晶保護フィルム11.6型ワイド LCD-116W

Sponsored Link


Digio2 液晶保護フィルム ブルーライトカット 11.6インチワイド対応 反射防止 グレー色タイプ SF-FLGBK116W

MSI S20をWindows10にアップグレードする


MSI S20をWindows10にアップグレードする場合は、ドライバ周りなどで若干注意しておきた事があります。

それらを別記事にまとめました。

【Win10】MSI S20でWindows10アップグレード

MSI S20でシステムパックアップしたい場合は?


MSI S20で設定したWindowsのバックアップを取りたい場合は「Acronis True Image 2016」が完全動作しましたので、おすすめです。

別記事になっています。

【Win10】Acronis True Image 2016 レビュー

MSI S20のシステムリカバリ方法は?


MSI S20のリカバリディスクを作成する方法から、実際にリカバリするまでの手順を解説した記事もあります。

MSI S20のシステムリカバリ方法(USBメモリ使用)

バッテリランプが赤く点滅した場合


2015-09-18_064133

MSI S20を使っているとバッテリーランプが赤色に点滅することがあります。これはバッテリーの異常を意味しますが、「Battery Calibration」で解消できることがあります。

方法は他の記事で詳細に記載しています。

バッテリーランプ MSI S20 赤色 点滅 対処方法

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。