【南部箒】一本10万円以上のほうき(岩手県九戸村伝統工芸品)

Sponsored Link

世の中にはホウキ1本が10万円以上するという幻のほうきがあります。

それが「南部箒」(高倉工芸)です。

南部箒(高倉工芸)


2014-10-15_211943

南部箒の特徴
材料の箒草を自家栽培し、伝統工芸で編み上げる箒界の至宝
箒草栽培の土からこだわる
もちろん無農薬

岩手県九戸村で生産する伝統工芸品の「南部箒」は、ほうきもろこし(箒草)の種を植えるための畑起こしから始まります。

5月に植えた種は夏に成長し、南部地方独特の気候により、箒草の先端が縮れて、ゴミの掃き出しがしやすくなると言います。

お盆過ぎに収穫された箒草は、丹念に脱穀され、湯通しした後に乾燥。

その中から、さらに箒草を選別して、特別な箒のみを使って編み込んだのが「南部箒」です。

選別には5人がかりで二ヶ月もかけるといいます。

お値段1本54万円也




南部箒 絨毯箒 長さ:約130cm 幅:約25cm

高いもので54万円。

普通でも「10万8千円」はするというほうきです。
もはや買う気も失せる値段ですが、以下では箒造りの工程が詳細に書かれています。手間暇かけても高い気はしますが。

Sponsored Link


絨毯箒 長さ:約130cm 幅:約25cm 【高倉工芸 南部箒】【代引不可】《納期最大5ヶ月》《代引不可》《日時指定不可》

↑ 見るだけならタダです(笑)

2014-10-15_212125

掃除機をかけた後でもチリが取れるという南部箒を一家に一個いかがですか?(無理)

他にもたくさんの『所さんのそこんトコロ』の記事があります。

Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。