【REカメラ】斬新なデザインの小型カメラ「HTC RE CAMERA」がコンパクトでとっさの撮影にいいかも

Sponsored Link

10/8に台湾HTC社から「RE Camera」が発表されました。

2014-10-09_123606

パッと見でこれいいかもと思いました。ズボンのポッケに入れておき、いつでもどこでも撮影したい時に咄嗟の撮影にも対応できるようなデザインです。発売は10月下旬からアメリカなどで販売開始です。

とっさの撮影ができる明快なカメラ


スペックは大したものでもないのですが、そのデザインと操作性は単純明快で「撮りたい時に撮る」というスタイルはニーズがあるように思います。

2014-10-09_123941

構造は非常に明快になっており、グリップを持つと電源が入り、後ろのボタンを短く押すと静止画撮影、長く押すと動画撮影です。

つまり取り出してからワンアクションで撮影できます。

これがスマホカメラだとそういうわけにはいかず、電源入れてアプ起動してもたもた動作の撮影をしなくてはならず、シャッターチャンスを逃すこともしばしば。でも、この「REカメラ」ならすぐに撮影できそうです。

アクセサリーも必要十分


自転車のハンドルに取り付けられるアクセサリーやヘッドマウントも販売されます。ハンドルなどに付ける場合は、重量(軽さ)が重要で、スマホなどではデザイン的にも重さ的にも固定は難しいのですが、「REカメラ」ではそこもデザインが考えられており、簡単に装着することが可能です。

2014-10-09_124407

写真は「公式サイト」より。

ハンドルに簡単に差し込むタイプで、装着する時も取る時も簡単ながらも、しっかりと固定できそうです。これはデザイン的に固定しやすいこともあります。

固定アクセは19.99ドルでした。

ヘッドマウントも予約販売しており、必要そうなグッズは揃っていました。

REアプリ


見てのとおり、液晶画面などなく、撮影時に撮れ具合を調整することは難しいです。しかし、それが必要かというとそうでもなく、とっさの撮影時などはむしろ無くてもいいのかもしれません。

アプリは「REアプリ」というのが用意されており、アプリと同期して写真を確認することができます。

通信などデータ送信には「Bluetooth, Wi-Fi (802.11b/g/n) with microUSB port」が使用可能です。

スペック


スペックはCMOSなのでコンパクトカメラと画質は似たようなものになります。解像度はフルHDで、これは必要十分です。

高解像度16MP CMOSセンサー
フルHD (1080p) ビデオ撮影
スローモーション撮影機能
タイムラプス撮影
Bluetooth
Wi-Fi (802.11b/g/n)
microUSB port

発売は10月下旬からで、米国では予約受け付け中でした。国内販売は未定です。

RE CAMERA
www.recamera.com

日本だと似たような商品は最近発売された以下の商品が入手可能です。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。