Acer Aspire P3 P3-171-N32QでのBIOS起動方法

Sponsored Link

「Acer Aspire P3 P3-171-N32Q」のBIOS起動方法です。

2013-12-05_020933 (1)

Aspire P3 P3-171のBIOS起動方法


この機種は、通常のBIOS呼び出し方法ではありません。

(1) 電源を切る(シャットダウン)
(2) 電源を入れる時に、右側面の「ボリュームアップ」ボタンを押しながら
(3) 電源ボタンを押す
(4) ロゴが一度フラッシュして(しない場合もあります)BIOSが起動する

(3)の後に電源が入らない場合は、一度ボタンから指を離して、少し待ってもBIOSが起動しないなら、(1)からやりなおします。この場合、電源切りは右側面ボタンを1回押すことで可能です。

BIOS画面での注意点


BISOで出来ることはひとつくらいです。

・DVD、USBメモリ、USB-HDDからブートするブートの順番変更

2014-01-05_001140

リカバリディスクを使うために、USB-DVD-ROMで起動したい場合は、「Boot priority order」を上下矢印ボタンを使って、一番最初に起動したいものを一番上にもっていきます。この場合は「USB DVD」を1番目にもっていきます。(リカバリーの方法についてはこちら

「Boot Mode」にある「TYPE」が「UEFI」になっている状態でも大丈夫です。

なお、BIOSは付属のBluetoothキーボートで操作可能です。

「Legacy」にして、マイクロソフトWindows8が起動しなくなった場合


「Legacy」にすると、上の写真のように「Windows Boot Manager」が消えるので、マイクロソフトWindows8が起動しなくなります

誤って、マイクロソフトWindows8が起動しなくなった場合は、またBIOS起動からやり直して「UEFI」に戻してください。

その他設定について


BIOS画面では、起動時の速度を落とす設定と、パスワード設定があるくらいです。

起動時の速度を落とすと表示されますが、起動時に「F2」でBIOS画面、「F12」でブートディスク選択ができます。

ただし、このへんの設定は一切いじる必要はありません

補足:Acronis True Image 2013 との相性


じつは、BIOSを呼び出したのは、なんとか「Acronis True Image 2013」のリカバリができないか試すためだったのですが、結論からいって「Acronis True Image 2013」のリカバリはできませんでした。

まず、「Acronis True Image 2013」のブータブルディスク(PE版)からしか起動できませんでした。Windows上でリカバリを起動して、再起動する方法ではリカバリできませんでした。

さらに、付属のBluetoohキーボードは使用できないので、USBキーボードを使うことになります。

そこで、USBがひとつだったので、USBハブを使って、USBメモリとUSBキーボードを接続してUSBメモリから「Acronis True Image 2013」のPE版を起動しなくてはいけないのですが・・・

USBキーボードとマウスが、「Acronis True Image 2013」のブータブルディスクで起動したLinuxで動作しないというオチでした。

他のPCではPE版でも動作するキーボードなのですが、たぶんUSBハブ経由だとダメということだと思います。

かといって、USBキーボードの送受信機を「P3-171-N32Q」のUSBに直付けすると、USBメモリから起動できないという、どうにもできない状態になるので、結果的にAcer Aspire P3 P3-171-N32QでのAcronis True Image 2013は使用不可ということになりそうです。

つまり、USB3.0端子が2つ付いていないと、タブレット型端末やBluetoothキーボードを使うウルトラブックでは、Acronis True Image 2013は使用不可です。

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。