山うにとうふ @熊本県五木村「800年の伝統がある保存食」実食レビュー

熊本県五木村で800年もの伝統がある保存食「山うにとうふ」を入手したので実食レビューしたいと思います。熊本名物でいわゆる郷土料理(豆腐味噌漬)です。山間部で保存食として食べられており、郷土食としての歴史は長く800年ほどあります。

では、この「山うにとうふ」はどんなもので、どんな味がするのでしょうか?

広告

熊本名物「山うにとうふ」とは


熊本名物「山うにとうふ」ってなに?!

熊本名物「山うにとうふ」ってなに?!

今回のグルメ実食レビューは、熊本県五木村で800年もの伝統がある保存食山うにとうふ」を食べてみました。

熊本県五木村は「五木の子守歌」発祥の地で、川辺川の清流が流れる自然豊かな所です。

そこで食べられているのが「豆腐の味噌漬」という郷土料理で、山奥の集落である五木村では保存食として長い歴史があります。

今回入手したのは「五木屋本舗」さんというメーカーのもので、九州産の大豆「ふくゆたか」で作られた豆腐を「もろみ味噌」に漬け込んだものです。

他にも「豆腐チーズ」とか「燻製豆腐」とか気になる商品も販売しているのですが、今回は「山うに豆腐」を実食レビューしたいと思います。

熊本名物「山うにとうふ」を実食レビュー


山のうに・・・みたいなということらしいです

山のうに・・・みたいなということらしいです

この「山うにとうふ」には「プレーン唐辛子柚子」の3タイプがあります。

今回は「柚子」をチョイスしました。

柚子は宮崎産のものを使っているそうです。

豆腐を味噌漬けにしたもので食感はクリームチーズみたいな感じです

豆腐を味噌漬けにしたもので食感はクリームチーズみたいな感じです

ということで、これが「山うにとうふ」です。

なんとなく、私が一番嫌いな「台湾名物 腐豆腐」に似ているので身構えてしまうビジュアルです。

豆腐を味噌漬けにしたものなので、ものすごく柔らかくて、掴んだり切ったりするだけですぐ形がくずれていきます。

食感はクリームチーズに似ており、豆腐の発酵食品というのが分かりやすい表現かもしれません。

大人の味がしました

大人の味がしました

味としては「甘辛い」とう表現が適切でしょう。

味噌漬けなので味噌の味がするかと思えばそうでもありません。

香りは「柚子」のものを買ったので、柚子っぽい香りがします。

分かりやすくいうと、ご飯のお供として売られている「瓶詰めの粒ウニ」の味にソックリです。

山うにとうふ」と呼ばれている由来も「ウニみたいな味がする」からだそうです。

山うにとうふ まとめ


日本酒に合う大人の味

日本酒に合う大人の味

さて、この「山うに豆腐」なのですが価格は400円程度です。

京都だと、西院の「ひごつ堂」さんで購入可能になっています。(こちらの記事が詳しいです

日本酒に合う大人の味という食べ物で、子供にはちょっとクセがあるのでキツイかもしれません。

・価格は400円程度
・豆腐を味噌漬にしたもの
・甘辛い味がする
・クリームチーズみたいな柔らかさ
・粒うにの瓶詰めに似ている
・お酒のお供にいいかも


実食レビューや新店情報、テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。