雁木(がんぎ)@山口県「ポスト獺祭」と地元民が大注目する日本酒

今回は山口県出身者が故郷に戻った際、日本酒「獺祭」を買おうとしたら体験した実話です。なんと、地元の山口で超有名な日本酒である「獺祭」を薦められることはなく、まったく別の日本酒がオススメだと言われたというのです。

その日本酒とは・・・・

雁木(がんぎ)です。

広告

山口の地元民にポスト獺祭の動きか


大ブレイク中の日本酒「獺祭」

大ブレイク中の日本酒「獺祭」

皆さんは山口県の地酒「獺祭(だっさい、旭酒造)」をご存知でしょうか。

当然、知っていると思います。

ここまで近年ブレイクした日本酒も珍しく、日本全国でとんでもない価格で販売されている日本酒だからです。

最高級のプレミア日本酒」とも呼ばれ、山口県に行けば、獺祭の故郷は獺祭グルメが多くあるのが実情です。

しかし、山口県でもポスト獺祭の動きが・・・・

しかし、山口県でもポスト獺祭の動きが・・・・

しかし、山口県出身の某氏が里帰りした際には、地元では「獺祭」をオススメされなかったというのです。

某氏 「山口で日本酒を買おうとしたら獺祭はオススメされなかったです」

どうやら、観光地的には「獺祭はオススメ商品」になっているのですが、地元の親しい間柄では本音も出るようです。

某氏 「たいして※※もないのに調子乗りすぎとか言われてました」(実話です)

あんまり喋らせると問題があるので、要点だけをまとめると以下のような話でした。

米を削りすぎ
価格が高すぎ
たいして※※もない

山口県民に聞いたオススメの日本酒


山口県民に聞いたオススメの日本酒「雁木」

山口県民に聞いたオススメの日本酒「雁木」

あくまでも彼の体験談なのでアレなのですが、ならば山口県では何を買うべきなのかを聞いてみました。

すると、彼は3つの酒が良いといい始めました。

雁木(がんぎ、八百新酒造)
東洋美人(澄川酒造)
貴(永山本家酒造)

雁木(八百新酒造)


雁木の黒(ゆうなぎ)

雁木の黒(ゆうなぎ)

そのひとつが「雁木(がんぎ)」です。

ポスト獺祭として地元民的にオススメしたいという酒だと言っていました。

他にも「東洋美人(澄川酒造)」と「(永山本家酒造)」なども推していましたが、彼が懐からキラーンと取り出した日本酒が「雁木(がんぎ)」だったので激写しておきました。

雁木には「黒(ゆうなぎ)」と「」ラベルのものがあり、今回見せてもらったのは「黒(ゆうなぎ)」というものです。

純米大吟醸で山田錦100%使用という日本酒で、山口県岩国市今津町の「八百新酒造」さんという所で販売しています。

広告


山口県の地酒「雁木」

「ポスト獺祭」と地元民が大注目する日本酒


錦帯橋(山口県岩国市)

錦帯橋(山口県岩国市)

ということで、今回は実際に山口県出身者が故郷で日本酒を買いに行った時の話でした。

山口県の地酒といえば「獺祭(だっさい)」ばっかりが有名ですが、実際に現地でオススメされたのは別の日本酒であったとのことです。

その日本酒が「雁木東洋美人」です。

私は、テレビやネットなどのメディア情報よりも、こういう地元民情報で買うので、さっそく通販で購入してみたいと思います。


実食レビューや新店情報、テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。