豚汁ラーメン @滋賀県高島市「白ひげ食堂」実食レビュー

今回は滋賀県高島市の名物おでん・豚汁屋さんで食べる「豚汁ラーメン(トン汁ラーメン)」を食べてきました。珍しいラーメンですが、味噌ラーメンみたいな感覚のラーメンです。具に豚肉と豆腐が使われており、麺も多くおなか一杯になります。それで500円というのも魅力的です。

お店は「白ひげ食堂」さんと言います。

広告

滋賀県高島市「白ひげ食堂」にある豚汁で食べるラーメン


今回は湖の中にある鳥居があるところでラーメンを食べます

今回は湖の中にある鳥居があるところでラーメンを食べます

今回は世にも不思議な感じがする「豚汁ラーメン」を食べに滋賀県高島市まで行ってきました。

京都からだと琵琶湖まで出て、さらに北上するのですが、自家用車の場合は国道161号線で高島市に入ってすぐくらいの場所にあります。

すぐ近くには「湖中鳥居」のある「白鬚神社」もある高島市の観光スポットで、近くには高島の有名店「焼肉バンバン(実食レビューあります)もありますが、今回は「白ひげ食堂」さんという地元の食堂で絶品の豚汁ラーメンを食べてみることにしましょう。

白ひげ食堂 店内の様子


地元の大衆食堂って気楽でいいですよね

地元の大衆食堂って気楽でいいですよね

というわけで、こちらが高島名物「おでん・豚汁」のお店である「白ひげ食堂」さんです。

地元の大衆食堂という雰囲気が、とても良い感じです。

お客さんも地元の方々がほとんどみたいで、観光名所でありながらも地元の雰囲気がプンプンしてくる所です。

おでんはセルフで、精算時に何を食べたかを言うスタイルです

おでんはセルフで、精算時に何を食べたかを言うスタイルです

地元の方々は「おでんトン汁ライス」という組み合わせで食べていました。

おでんはセルフで、精算時に何を食べたかを言うスタイルですが、これもお客さんとの信頼関係があってこそのものでしょう。

梅焼き 110円
厚揚げ 100円
こんにゃく 90円
ちくわ 90円
ごぼう天 90円
たまご 90円
じゃがいも 120円
近江牛すじ肉 160円

オデンも気になりますが、今回は「豚汁ラーメン」というちょっと珍しい感じのものを食べてみることにしましょう。

豚汁ラーメン 実食レビュー


豚汁ラーメン 500円

豚汁ラーメン 500円

ということで、こちらが名物「豚汁ラーメン 500円」です。

見た目は「トン汁」で「豚肉豆腐ごぼうネギ厚揚げ」などが入っています。

しかし、これ実はラーメンで、スープの下には太めの中華麺がどっさりと入っているのです。

味噌スープに中華麺なので「味噌ラーメン」ですね

味噌スープに中華麺なので「味噌ラーメン」ですね

麺は太めの中華麺がたくさん入っています。

かなり食べ応えがあって、具もたくさんなのでおなか一杯になりますが、これで500円というのも魅力です。

味噌スープはあくまでも「豚汁」なので、味噌ラーメンとはまた違う味わいがあります。豚肉と豆腐のトン汁を楽しみながら、食べるラーメンという感じです。

他にも、これの辛いバージョン(温玉入り)もありました(650円)。

白ひげ食堂 基本情報


白ひげ食堂 外観

白ひげ食堂 外観

さて「白ひげ食堂」さんの場所ですが、滋賀県高島市の琵琶湖を眺める場所にあります。

湖のすぐ隣で、開放的な雰囲気の中で食事ができるスポットです。

国道161号線沿いで交通量が激しい地域であるため、行く場合は南から向かうと楽でしょう。

右に「湖中鳥居」が見えたらもう目の前です。通り過ぎたら、結構先まで行かないと戻ってこれないので注意してください。

駐車場は当然完備しています。

滋賀県高島市鵜川225−5
営業時間:10:45~19:45(日祝のみ15時まで)
定休日:不定休


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。