結喜(ゆうき)@滋賀県大津市「わがし屋さんのあんぱん」実食レビュー

今回は滋賀県大津市和邇(わに)にあるアンパン専門店結喜(ゆうき)」さんへ行ってきました。「わがし屋さんのあんぱん」で知られているお店で、大福餅の激安販売で知られる「団喜(だんき)」さんの直営パン屋さんです。

ということで「結喜(ゆうき)」さんのパンを実食レビューします。

広告

わがし屋さんのあんぱん(滋賀県大津市)


アンパン専門店「結喜(ゆうき)」

アンパン専門店「結喜(ゆうき)」

今回は滋賀県大津市和邇(わに)アンパン専門店「結喜(ゆうき)」へ行ってきましたので実食レビューします。

こちらは「わがし屋さんのあんぱん」というキャッチが目立つお店ですが、月に1回の「饅頭・大福」の激安セールがある和菓子店「団喜(だんき)」さんの直営パン屋さんです。

すぐ隣に工場があり、焼き立てパンを販売しています。

基本のアンパンから変わり種までいろいろあります

基本のアンパンから変わり種までいろいろあります

アンパンといえば「粒あんこしあん」ですが、専門店なので季節の素材を使ったものや、珍しい「塩あんぱん」などもありました。

あんぱんは、1個140円程度でお気軽なお値段です。

本来は和菓子屋さんなので餡子にもこだわっているはずですが、リーズナブルな価格帯ですね。

イチゴや栗のアンパンもあります

イチゴや栗のアンパンもあります

わがし屋さんのあんぱん 実食レビュー


左:つぶあん、右:しおあん

左:つぶあん、右:しおあん

今回は「つぶあんしおあん」を買ってみました。

このように、好みのパンを選んで買えるのは、さすが専門店です。

「つぶあん」はこんがりと焼き上げたパンに餡が入ったものです。

つぶあんですが、なめらかな餡です

つぶあんですが、なめらかな餡です

ということで「つぶあん」ですが、上品な甘さの餡が入っており、クドクないアンパンです。

パクパク食べられるのですが、生地がとてもふんわりとしていて柔らかいのですが、つぶれたりしないですぐ戻るタイプのしっかりと空気を含んだパンです。

餡も思ったよりなめらかなもので、つぶをあまり感じさせないのもGoodでした。

なんというか、和菓子っぽい上品さのあるアンパンで、表面も香ばしくて優等生なパンで満足しました。

結喜(ゆうき)基本情報


結喜(ゆうき)街道沿いからよく目立つお店です

結喜(ゆうき)街道沿いからよく目立つお店です

さて、わがし屋さんのあんぱん(結喜)さんがあるのは、滋賀県の和邇(わに)という所です。

まったく読めない地名ですが、古代から「和邇氏」という有力氏族が住んでいたとされる歴史ある場所です。

JR湖西線「和邇駅」から、徒歩5分くらいのところにお店があり、滋賀県道558号沿いで目立ちますので、すぐ分かると思います。

さて、実はこちらはアンパンもおいしいのですが、実は和菓子店の方の「カスタード大福」が絶品なのです。そちらの記事もありますので、ぜひご覧ください

滋賀県大津市和邇今宿 和邇今宿825−1
営業時間:10時~18時
定休日:
URL:https://www.yuuki-anpan.com/


実食レビューや新店情報、テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。