こんぶ飴「噛めば噛むほど味がでるソフト飴」実食レビュー

今回は謎の飴「こんぶ飴(昆布飴)」の実食レビューをしたいと思います。あまり馴染みがないと思いますが、ご年配の方だとご存知かもしれません。この「こんぶ飴」は一般的には不評なのですが、実は食べるほどハマる飴だとも言われています。

ということで、温泉担当に食べさせてみました(笑)

広告

こんぶ飴


成人病とか気になるお年頃には「昆布飴」

成人病とか気になるお年頃には「昆布飴」

ある日、うちの困ったちゃん温泉担当が右手に飴らしき袋を掲げながらダッシュしてきました。

温泉担当 「こんぶ飴もろたぁ~٩(ˊᗜˋ*)و」

昆布飴?

昭和初期からあるお菓子で、お祭りの屋台などでも見たりもしますが、奈良県天理市の「天理本通」商店街では数多くの昆布屋さんがあり「こんぶ飴」が売られていたりもします。

海のない天理市ですが、天理教へ参拝する信者さんなどが土産として買っていく「吉川屋」さんの「こんぶ飴」は有名です。

こんぶ飴 発祥


昭和2年に日高昆布など北海道産昆布で飴を作った会社が大阪にあります

昭和2年に日高昆布など北海道産昆布で飴を作った会社が大阪にあります

昆布飴の発祥の地はわかっていませんが、岐阜にある「浪速製菓」さんの昆布飴は古くから知られています。

大阪でも昆布飴を昔食べたという方はいらっしゃるかと思いますが、もともとは大阪にあった会社さんです。

昭和2年に大阪・難波にて、昆布飴を販売していますが、戦争の影響で工場は閉鎖。

その後、昭和26年に岐阜県で復活しています。

整腸作用
肥満防止
成人病の予防
抗ガン作用

広告


昆布あめ 通販

こんぶ飴 実食レビュー


見た目はまこと昆布っぽいなにか

見た目はまこと昆布っぽいなにか

ということで、こちらが「昆布飴」です。

これは「なとり」さんという会社さんの製品で、通販やスーパーなどで出回っているのは、こちらの「昆布飴」が多いそうです。

それでは、さっそく温泉担当に食べさせてみましょう!

温泉担当 「まぢぃ( º言º)」

怒られるから、ほんとそういうコメント止めていただきたいです(笑)

噛めば噛むほど味がでるソフトこんぶ飴


材料は昆布と飴

材料は昆布と飴

この「昆布飴」ですが・・・・

材料がほぼ昆布で、やわらかいグミのようなキャンディに昆布の味がそのまま付いているという飴なのです。

甘味もありますが、たいていの場合はファーストインパクトで「まぢぃヽ(१д१๑)ノ」と言われたりします。

しかし、しつこい性格の温泉担当は、その後も食べ続けて、重たい口を微かに動かして驚愕のコメントを発したのです!

温泉担当 「あ、なんか旨くなってきたの!(* ॑꒳ ॑* )」

これもよく言われることなのですが・・・・

この「昆布飴」は、噛めば噛むほど美味しくなってくるという不思議な飴でもあったのです。

京都・花園の激安スーパー「サンディ」で売ってたそうです


京都にある激安スーパー サンディ

京都にある激安スーパー サンディ

今回紹介した「こんぶ飴」ですが、味がまぢで昆布です。

昆布のグミという方が適切な表現でしょう。

購入したのは、京都・花園の激安スーパー「サンディ」で売ってたそうです。(サンディの紹介記事はこちらです

なお、これを買ってきた京都の小悪魔は、一粒食べた上で「これとっても美味しいんですよ!」と、うちの困ったちゃん温泉担当に渡して、どっかへ行ったということです。

噛めば噛むほど味が出る「昆布飴」、一度試してみますか?

京都府京都市右京区花園伊町41-2
営業時間:10時~19時
定休日:年中無休
URL:http://www.sundi.co.jp/

広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。