天然のベジヌードル「そうめん瓜」実食レビュー

最近流行りの「ベジヌードル」ですが、野菜を麺のように細長く切って食べるというサラダ感覚がウケてテレビなんかで紹介されたりしています。キッチングッズで「ベジヌードルカッター」なんてのも発売されていますが、実は野菜には「天然のベジヌードル」が存在するのです。

それが「そうめん瓜」です。

広告

ベジヌードルって何?


ベジヌードルって何?

ベジヌードルって何?

最近「ベジヌードル」という言葉が話題になったことがあります。

これは、野菜を「麺状」に細長く切って、湯がいたり生野菜のままで食べる「野菜の麺」のことです。

要するに麺のように野菜を切るだけですが、最近では「ベジヌードルカッター」という調理用品が売られており、お台所グッズとしてテレビで紹介されたりしています。

広告


ベジヌードルカッター

ベジタリアンには、まさに夢の調理器具ですが・・・・

実は野菜には「天然のベジヌードル」とも言えるお野菜が存在しているのです。

そうです・・・・

元から「ほぐれて麺のような野菜」が実在しているのです!

天然のベジヌードルとは


これが「天然のベジヌードル」らしい

これが「天然のベジヌードル」らしい

では「天然のベジヌードル」とはどのようなものなのでしょうか?

実は夏野菜に「そうめん瓜」というものがあります。

名前の由来は「果肉の部分がそうめんのようになる」ことから「そうめん瓜」と呼ばれており、夏野菜と言っても9月初旬ならまだ大量に入手することは可能です。

厳密には「カボチャ」の仲間で「そうめんカボチャ」とも呼ばれますが、一般的には「そうめん瓜」で通じます(別名:金糸瓜)。

茹でるだけでそうめんのようにほぐれる!?

茹でるだけでそうめんのようにほぐれる!?

この「そうめん瓜」が、お湯で茹でるだけで「そうめん」のような麺状になる野菜なのです。

つまり「天然のベジヌードル」なのです。

今回は、これを調理して食べてみましょう!

そうめん瓜 調理の仕方


中央の「種」を取り除いて茹でます

中央の「種」を取り除いて茹でます

この「そうめん瓜」の調理の仕方ですが、そんなに難しくありません。

1.上下のヘタは取る
2.3~4センチ程度の厚みで輪切りにする
3.種の部分を取る
4.鍋でやわらかくなるまで茹でる
5.冷ましてから実の部分を手でほぐす

中央の種の部分(ワタ)は取りますが、ここにも黄色い繊維状のものがあります。

周囲の白い実の部分も繊維状のものなので、湯がいてからほぐすと麺のようになります。

輪切りが大きければもっと小さく切っても大丈夫です

輪切りが大きければもっと小さく切っても大丈夫です

大きい野菜なので、輪切りだと鍋に入らない場合があります。

その場合は適度な大きさにカットして茹でてください。

ちなみに、茹でている間は「トマト」のような匂いがします。

そうめん瓜 実食レビュー


大根の細切り(けん)みたいな感じ

大根の細切り(けん)みたいな感じ

ということで、実の部分をほぐして麺のような繊維を取り出したものです。

大根の細切りのような食べ物で、味も食感も刺身の「敷づま」のような味がしました。

しかし・・・

このままだと全く味がしないので、ポン酢や醤油にお酢なんかで味付けして食べると良いと思いました。

Twitterの口コミや感想

今朝はベジヌードル🥕 . 久しぶりにカラフルな 感じになったのでupしました◡̈⃝♪ . 大嫌いなニンジンも美味しく食べれました♪ 体調のこともあり食事に気をつけなくてはならないのでめんどくさいですが頑張ります😅 . 𓇼 #breakfast#morning#朝食 #ベジヌードル#にんじん#こうしんだいこん #水菜#レモンオリーブオイル#calotte #vegetable#療養中#vegenoodle #健康#自然#organic#オーガニック 𓇼 #baurpottery#ronherman #ロンハーマン 𓇼 #sea#beach#surf#carifornia#USA Love❤️ #海#サーフ#西海岸#カリフォルニア Love❤️ . . . 𓇼 . 私ごとですが 自分らしく好きな場所で少しでもバイトしたくてってのも2〜3年前からあり、環境変えるためにバイト探してるけどなかなか自分のしたいところはムリっぽい🤣 カフェとかそーゆうとこで働きたいけど𓃟は無理なんだよねきっとね😩 今回良いとこ募集あったから、とりあえず質問したけど既読スルーのため送信取り消ししましたぁ😩 こんなとこにボヤく事でわないので#ごめんなさい🙏 #心の叫び . トコトコトコトコッッッ 𓃟)) 𓃟)) 𓃟"""

Junko Katoさん(@smile0115smile)がシェアした投稿 –

京都の「そうめん瓜」は、どこで買える?


京野菜・地野菜の専門店「御室よしむら」

京野菜・地野菜の専門店「御室よしむら」

そうめん瓜は、京都では京北エリアなので栽培されていてよく見ますが、基本どこにでもあるようなお野菜です。

今回は、京野菜のプロショップ「八百屋よしむら」さんで大量に仕入れたものを買ってきました。

8月から見る野菜ですが、9月でも大量に売られていました。

道の駅「ウッディ京北」や「里の駅 大原」でも売っているのを確認しています。

八百屋よしむら」さんは、京野菜のプロショップで、旬の京野菜を多く扱っているお店です。

楽天でも「八百屋よしむら(みやびのふる里)」というショップを出しており、京野菜を扱っていますので、一度のぞいてみると面白いですよ。

広告


京都産 そうめんうり1個≪京野菜・金糸瓜≫

京都府京都市右京区御室岡ノ裾町34−4
営業時間:13時~19時
定休日:日祝
公式サイト:八百屋よしむら(みやびのふる里)
Twitter:https://twitter.com/miyabinofurusat


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。