ポポー(幻のフルーツ)の味や香りに食べ頃を実食レビュー!

ポポー(ポーポー)は「幻の果実」と呼ばれる、市場に出回らないフルーツです。でも、ちょうど9月くらいになると一瞬だけ市場に並ぶことがあります。それを市場に通って、並んだ瞬間に入手(購入)することに成功しました。

ポポー香り食感値段など余すところなく実食レビューします。

すると、巷にあふれる「ポポー(ポーポー)」の記事に書かれる実態とはまったく違うことがわかりました。

広告

幻の果実ポポー(ポーポー)


この不思議な果実はなに?

この不思議な果実はなに?

幻の果実「ポポー(ポーポー)」を入手することに成功したので実食レビューしたいと思います。

カスタードアップル」とか「アケビガキ」と呼ばれるフルーツで、今は市場に出回らないと言われる「幻のフルーツ」とも言われています。

しかし、秋は果物の季節でもあることから、9月からほんの一瞬だけ市場で見かけることがあるのです。

その一瞬だけ並んだ「ポポー(ポーポー)」を1個なんとか入手できたわけです。

ポポーは市場に出回らない?昔は家庭でも作られていた


なかなか入手できないポポー

なかなか入手できないポポー

さて、この「ポポー(ポーポー)」ですが、京都では向日市の農家さんが栽培されているので、今の時期にだけ市場に出回ることがあります。

一般的には「市場に出回らない」と言われますが、実際にはほんの一瞬だけ市場でも売られるのです。

昔、バブルの時代に洋風の家が流行った時期があって、ブドウとかを自宅で栽培する家が多かったのですが、ポポーを栽培されるご家庭も結構ありました。

そのため「昔はよく食べた」という方も多いフルーツです。

ポポーはなぜ幻と言われるのか


なんとか入手したポポー

なんとか入手したポポー

昔はよく自分で栽培して食べたという方も多い「ポポー」ですが、市場にも流通しなくなり見なくなってしまいます。

これは理由があって、この「ポポー」という果実は・・・

食べるタイミングが難しすぎるのです。

ひとつの苗に多くの実をつける植物で、自然と木から落ちた実が食べごろです。

食べごろの実は香りもよいのですが、食べるタイミングが難しく、間違えるとあまり美味しくないフルーツです。

しかし、タイミングさえ合えば極上の味がするフルーツなのです。

また「柔らかい」果実であるため、流通に向かないということもあり・・・

売るタイミングが難しい」し、「流通には向かない」という理由から市場では見なくなってしまったのです。

ポポーの食べごろ


ポポーの食べごろは柔らかく黄色に熟して甘い香りがする頃

ポポーの食べごろは柔らかく黄色に熟して甘い香りがする頃

ポポーの食べ頃は難しいと書きましたが、きちんと知っていれば美味しい時に食べることができます。

ポポーの食べごろは柔らかく黄色に熟して甘い香りがする頃

です。

上の写真の頃は食べごろで、こういったフルーツは「追熟」をしてから食べるのが基本なのです。

よくポポーを緑色の固い時期に食べてしまっている方もいるのですが、これは早すぎです。

せっかくのポポーがもったいないと思います。

ポポーの香り


ポポーの香りはマスカット・ブドウの匂いがします

ポポーの香りはマスカット・ブドウの匂いがします

ポポーの食べごろは香りが良いとしましたが、ちょうどそのタイミングで「ブドウ」のような香りが漂ってきます。

皮をむく前から、芳醇な香りが周囲に漂うほど香りの強いフルーツです。

ただし、ブドウの香りからは想像できない味がするのです。

ポポーの味


ポポーはメロンの味がします

ポポーはメロンの味がします

ポポーの味を表現すると「メロンの味」というのが一番適した表現だと思われます。

それもかなり甘いメロンで、マスクメロンのような味がします。

でも、食感はかなり違って「トロッ」としたクリームみたいな感じです。

「カスタードクリームに似ている」とも言われるのですが、味はまったく別ものです。

ポポーの食感


トロッとしたメロンというとわかりやすいかも

トロッとしたメロンというとわかりやすいかも

ポポーの食感は「トロッとしたメロン」というと分かりやすいかもしれません。

他の表現なら「熟しきったバナナ」というのも近い表現です。

皮と実の間にある「ふすま」の箇所はザラザラしていますが、実の部分は大変やわらかいフルーツです。

ポポーの通販と値段


あくまでも参考価格です

あくまでも参考価格です

さて、ポポーは通販なら入手が可能です(ポポーの通販ページ)。

あくまでも参考価格ですが、大きめの実で1個200円程度で入手しました。

通販でも3つくらいを「クール便」で送ってくれるなら、相場的には1500円程度見ておくとよいでしょう。

広告


ポポーの通販

巷にあふれる「ポポー(ポーポー)」の記事は食べてない嘘記事が多い


幻の果実「ポポー」

幻の果実「ポポー」

ということで「ポポー完全ガイド」でした。

入手困難なフルーツですが、魅惑的な味のする果実です。

もしも見つけたら速攻で入手するのが良いと思いました。

事前にネット検索した記事を見ましたが、実際に食べてみると「食べないでレビューする記事が多い」こともわかりました。

ネットで書かれた「味・香り・食感」などは嘘が多いのでご注意ください。

・カスタードアップル、アケビガキと呼ばれるフルーツ
・食べるタイミングが難しすぎる
・流通に向かないほど柔らかい
・そのため市場で見かけないので「幻のフルーツ」と呼ばれている
・一時期、洋風の庭でブドウとポポーの栽培が流行ったことがある
・香りがよくブドウの匂いがする
・味はメロンに近い
・食感はトロッとしたメロン、熟しすぎたバナナ
・価格は1個大きめのもので200円程度
・通販でも購入可能(1300円~)


実食レビューや新店情報、テレビで紹介される商品や店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。